健康な身体と豊かな心で幸せになる学習書 焦げた虎の巻

人生は一度きり、精一杯生きるには健康な身体と心が必要です。食事、睡眠、運動など、日常の当たり前から健康法を見つけていきましょう!

肘の内側に痛みを感じる原因と対処法とは

   


elbow(エルボー)、Ellbogen(エルボーゲン)、gomito(ゴーミト)

どうもkogetoraです!

今日は野球やゴルフ、そういったスポーツをした時に痛めやすい肘についてお話していきます。ちなみに腕の痛みは色んな種類があるため、今回は肘の内側に焦点をあてて進めていきたいと思っています。

それではいきましょう。

スポンサードリンク

ヒジの痛みの原因は関節痛?ゴルフ肘?スマホ肘ってなに?

肘の痛みの原因には様々ありますので1つずつ症状と原因、対策をお話していきます。

上腕骨内側上顆炎(じょうわんこつないそくじょうかえん)・ゴルフ肘

まず名前が読みづらいですが、別の呼び名でよく言われるのがゴルフ肘です。他にはテニス肘とも言われますが、テニスの場合はフォアハンドとバックハンドという大きく分けて2種類の打ち方があり、上腕骨内側上顆炎はフォアハンドの際に起こる症状です。ちなみにバックハンドの際に起こる症状を上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)と言います。

ゴルフスイング

症状

肘の内側を触る、抑えると「ビリッ、ヒリっ」とした痛みがおこる。

手首を手のひら側に曲げると痛みが起こる(親指の先が上を向いた状態にした時、それを反時計回りに回しながら折り曲げること)
手首2kaitenn

少し腫れ熱を持つ、力が入りにくい、重いものを持った時に腕の内側に痛みが起こる等です。

原因

肘の部分の骨とくっついている筋肉が、同じ動作を繰り返す事で炎症を起こします。この時、腕の中ほどの筋肉は収縮する事で負担を軽減できますが、骨とくっついている部分は引っ張り続けられる状態になり一点に過度の負担がかかるのです。

同じ動作を繰り返すという点、ボールを打つ時に腕を捻る事が多いゴルフのスイング、テニスのフォアスイングが原因で起こりやすいです。

予防と治療法

上腕骨内側上顆炎の治療法はまず安静にする事です。炎症が起きている筋肉を動かしてしまうと炎症した筋肉の回復が遅くなるため、炎症を抑える薬、冷湿布等を使用し動かさない事が第一です。その際にはテーピングやサポーター等を使用する事で痛みの緩和にも役立ちます。

また、痛みが和らいできた際には軽いストレッチ等で筋肉と腱をほぐす事も効果があります。下記にストレッチ方をの記載しましたので参考にしてみてください。

腕の内側の筋肉は外側の筋肉と比べると強い筋肉の為、症状が重くない限りは手術等は必要はありません。しかしまれに職業や年齢等から手術が必要になる場合もあるようです。

予防法は当たり前ですが酷使しすぎない事、運動前にはしっかりストレッチをする事、長時間運動を行う際にはあらかじめテーピングをしておく事等です。

例えば部活動等では軽度の痛みくらいなら練習を続けてしまう人が多く、その後症状が悪化し長期的に安静が必要になるケースが多いです。練習は大事ですが、コーチや先生、先輩の為にしている訳では無いですよね。全ては自分の為ですので、身体の管理も自分の責任です。しっかりと体調を管理し、無理はしない事を心がけましょう。

スポンサードリンク

変形性肘関節症(へんけいせいひじかんせつしょう)

症状

可動域が限られ曲げる伸ばすが制限され、肘を曲げる伸ばす等を無理やり行うと激痛を伴う。

その後症状を放おっておくと尺骨神経(しゃっこつしんけい)を圧迫し続け、肘部管症候群を併発する危険性があります。

原因

肘関節の酷使からくる骨折、関節炎等が原因。

肘関節は通常関節軟骨に覆われており、クッション等の役割をし衝撃を和らげています。しかし、この軟骨が肘関節の酷使によりすり減り変形を起こし神経に影響を及ぼします。

症状は先天性の場合もありますが、その多くは使いすぎによる外傷で起こります。

また、症状は両腕の場合よりも利き腕に現れる事が多いです。

予防と治療法

症状が日常生活に支障をきたさない程度であれば保存療法(安静にする)を行います。その際には炎症を抑える目的で投薬治療、関節内に直接注射をする場合もあります。

その他には上腕骨内側上顆炎と同じくストレッチや筋肉の強化を徐々に行います。

予防法は、あらかじめ肘周りの筋肉を強化しておくことです。そうする事で軟骨への負担を軽減する事ができます。只、その筋トレは急な強化ではなく徐々につけていく事が大事です。そうしないと筋トレで変形性肘関節症になってしまいますので。

肘部管症候群(ちゅうぶかんしょうこうぐん)

肘部管症候群とは、腕の内側に走る尺骨神経(しゃっこつしんけい)を肘の筋肉や腱等が圧迫する事により指などに麻痺が現れる症状です。上記の変形性肘関節症の人に症状が現れる事が多く、こうなる前の処置が重要です。

人体略図4

症状

肘の付け根を押すと痺れが現れる。

腕を動かした際に腕、手の痺れ、小指や薬指に麻痺症状。筋肉の衰退(減少)等が挙げられます。

原因

加齢による肘の変形、変形性肘関節症等の軟骨の減衰から神経を圧迫する事が原因です。

自身での運動が原因だけではなく、ぶつける等の外傷的な衝撃でも後々症状が現れる事があります。その為、子供の頃の怪我が原因で成人してから発症する事も有り得ます。

予防と治療法

基本的な治療法は変形性肘関節症と同じく安静にする保存療法で良いようです。しかし、症状が改善されない場合、症状が重い場合は尺骨神経を圧迫している靭帯等を切除する必要もあります。

また幼少期からの怪我や加齢による骨の変形の場合は、その原因の改善が必要な為、多角的な治療が必要です。

予防法は症状を放置しないことです。変形性肘関節症から併発する可能性がある為、その時点での治療や改善が大切です。症状を甘く見ずにしっかりと対策をしましょう。

 

いかがでしたでしょうか

腕の内側の痛みと言っても様々な症状がありましたね。

只、対処法や原因は似ているため、まずは身体に無理な負担をかけ過ぎないことを心がけていですね。スポーツや仕事をする際は必ず準備運動をし、その他の怪我の容貌にも役立てましょう。また、テーピングの方法・使い方を知っておく事は怪我の予防やパフォーマンス向上にも繋がりますので是非覚えたいですね!

下記に参考資料を転記いたしましたのでご覧ください。

 

それではまた

今回の一言は英語、ドイツ語、イタリア語の肘でした!

kogetora

スポンサードリンク

 - スポーツ・運動と健康, 美容・健康