健康な身体と豊かな心で幸せになる学習書 焦げた虎の巻

人生は一度きり、精一杯生きるには健康な身体と心が必要です。食事、睡眠、運動など、日常の当たり前から健康法を見つけていきましょう!

糖質ゼロダイエットは危険?安全?効果的?

   

Pocket

どうもkogetoraです。

今日は体型維持、ダイエットについてお話していきます。

洋服

これからの季節、徐々に気温も上って洋服も薄着になるので冬に溜め込んだ脂肪が気になりだしますよね……。そうなると今から始めようとするのがダイエットです、春や夏に向けて今からと考える人は少なくないですよね!

ダイエットの方法は様々ですが、運動関係ではジョギング、ジムでのトレーニング、今流行のパーソナルプライベートジム等。運動が苦手な人や普段時間が無い人は食事制限等をされるのではないでしょうか。

今回のお話では運動の事では無く、主に食事制限について、具体的には糖質制限ダイエットの話をしていきます。色々な事にも共通していますが、物事には良い部分と悪い部分がありますので、双方をしっかり知って実践するかしないか決めて頂きたいと思います。

それではいきましょう。

スポンサードリンク

糖質ゼロダイエット(糖質制限)とは?効果と危険性を考える

一時期話題になりましたし、今もプライベートジム等の食事制限にも応用されているものですが、まずは糖質ゼロダイエット(糖質制限)とはどんなものなのかご説明します。

糖質制限ダイエットとは

この方法は元々は糖尿病患者や予防の為に生まれた食事制限だと言われており、健康面にも良い効果があると言われています。

ここで言われる糖質とは主に炭水化物の事で、お米や麺、パン等の小麦粉等を指します。その他には果物等に含まれる果糖、砂糖等も挙げられます。

白米4

ダイエットしている方でまず最初に抑える食べ物は甘いモノですよね、これは甘いもの=糖質という感覚が植え付けられているからです。勿論ケーキや和菓子等の甘いものには沢山の砂糖が含まれていますので太りやすい要因はあります。しかし日本人の毎日の糖質摂取は白米やパン、麺などが多いそうです。

糖質制限ダイエットとはこのような糖質を含む食材を極力控え、野菜等の食物繊維を積極的に食べるというものです。

糖質制限の効果

糖質を抑える効果とは糖質を脂肪として蓄える事を防止する事、普段はエネルギーとして消費する糖質の代わりに脂肪を燃焼させ、ダイット効果を狙う事が大きな要因です。

そもそも糖質を摂ると人は血糖値が上昇します。

血糖値とは血液中のブドウ糖(グルコース)の濃度の事を言い、濃度が高いと血液の濃度も濃くなり、脱水症状や糖尿病、心臓の病気などの原因になります。その為、人の身体には防衛能力が備わっており、インシュリンという物質を分泌します。このインシュリンには血糖値を調節する役割があり、上がり過ぎた濃度を抑える効果があります。

只、このインシュリンには血糖値を下げるという効果以外に、エネルギーとして使われなかった糖質を中性脂肪に変えてしまうという嬉しくない効果があるんです。

その為糖質制限ダイエットの効果の狙いとしては、脂肪の原因となる糖質を摂らないだけでは無く、脂肪を作り出すインシュリンを分泌させない事と体脂肪をエネルギーの代わりに燃焼させる事も深く関わってくるんです。

また、逆に下がりすぎた血糖値を上げるには、アドレナリンや成長ホルモンが効果を発揮します。

では次は主な方法をご説明していきます。

糖質制限ダイエット方法

糖質制限ダイエットの方法とは、上記の説明を知れば自ずと想像がつくとは思いますが炭水化物や糖質を摂らない事です。

やさい

只、今までの食事制限ダイエットと違い注目された部分として、それ以外の脂質やタンパク質はどれだけ食べても良いという事が挙げられます。この他の食べ物はいくら食べても良いという部分が、今までダイエットに苦しんでいた人からすると嬉しい効果だったんですね。

日頃から量を食べる人が急に食事制限ダイエットを始めても挫折する事が多かった理由として、やはり拡張した状態の胃の空腹感が収まらず、我慢できない、続かないという理由が多かったそうです。その点、量を食べられる糖質制限ダイエットは咀嚼(そしゃく・物を噛み下す事)する事で満腹中枢を刺激し、今までのように空腹感で夜も眠れないという状態が少なくなりました。

また脂肪を減らし、筋肉等を形成するタンパク質を取ることで体脂肪率を下げ、脂肪の少ない引き締まった身体を手にすることが出来ます。この時に併せて筋力トレーニングをするとより効果的で、パーソナルトレーニング等ではこの効果を利用し短期的に身体を作っていると考えられます。

supo-tujimu

しかしこのダイエット方法の注意点として1つ気を付けてほしい事があります。今まで食べていた炭水化物には糖質の他に食物繊維を含んでいた為、炭水化物を摂らないこの方法では食物繊維不足になりやすいと言われています。その為、出来れば毎日水溶性食物繊維の海藻類や納豆等、不溶性食物繊維のキャベツやレタス等を積極的に食べるようにしましょう。

 

このようにダイエットしたい、痩せたい、引き締まった身体を手に入れたいという人にはありがたい糖質制限ダイエットですが、実は良いことばかりでは無いんです。次はその良い効果の裏に隠れた気をつけたい効果についてお話していきます。

スポンサードリンク

糖質制限ダイエットの考えられる悪い影響とは?

空腹状態が続く可能性

これは以前の記事「お腹を空かせる方法とは?脳と胃腸の関係とは」でお話した内容ですが、お腹が空いたと感じる器官である摂食中枢は、血糖値が下がる事、ドーパミン等の神経物質が分泌する事で空腹感を引き起こします

血糖値が下がるという事の意味には、身体に栄養が摂取されているのかを脳が把握する為であり、低血糖状態が脳に栄養を摂るよう促すという事です。つまり、糖質を摂らずに血糖値が上がらないといつまでたってもお腹が一杯に感じにくいという事なんです。

しかしお腹が一杯だと感じる満腹中枢には咀嚼する事で影響を与える事ができ、よく噛むことで満腹中枢を刺激し空腹感を抑制する事が期待できます。

しかしここで次の問題に話が繋がるのですが、咀嚼する、よく噛むには量を食べる必要も出てくるのですが、その食べる物はなんでも良いという訳では無いという事を知っておいて欲しいです。

やはり食べ過ぎは良くない

糖質ゼロダイエットは、糖質以外は何を食べて良いからと脂質や油等を多く摂取してしまう人が多いそうです。肉や魚はもちろん中にはとんかつを食べまくる人までいるそうです。

とんかつ

脂質は摂っても良いからと毎日お肉やお刺身、油物を食べ過ぎていてはやはり身体に悪影響を及ぼします。

糖質制限ダイエットは死亡率を上昇させると提唱する人もおり、その内容には脂質等の摂り過ぎ、栄養過多も影響していると考えられているそうです。

満腹中枢を刺激させる為には食物繊維を多く含む野菜や根菜等を活用すると良いでしょう。また、虫歯の予防にも役立つ歯磨きガムを食後に噛む事もいい方法だと思いますよ!

低血糖がもたらす影響

最後は血糖値を上げない事から、逆に下がってしまった時におこる影響についてです。

低血糖になると人は思考が鈍くなると言われており、頭の回転が遅くなる、いつもぼーっとしている、無気力やイライラ状態などが挙げられます。

またこれはダイエット実践者だけで無く、現代の子供にも多い症状でもあり、その原因としてはお菓子等の高カロリー食品を摂り過ぎる事でインシュリン過多を引き起こし、過剰に血糖値を下げてしまいます。この影響で常に低血糖状態になり、落ち着きのない子、癇癪持ちの子という風に見られてしまう可能性もあります。

OL

いかがでしたでしょうか

糖質制限ダイエットは上手く活用するととても良い効果を発揮します。しかしその反面使い方を誤ると大病や成長を阻害する危険性も出てきます。

人が活動する、生きる上ではタンパク質、脂質、炭水化物(糖質)はとても重要な栄養素です。これは身体を作る上でも大切なモノです。成長途中のお子さんや中学生、高校生には食事制限ダイエットは悪影響を及ぼしやすい為、食事制限は抑えめにし、運動等で効果を出すように心掛けたいですね。

糖質の効果、エネルギーについては以前の「マラソン前日の食事はパスタがおすすめ!」をご覧頂ければと思います。

何事にもバランスが大事です。食事するという事は副交感神経(ふくこうかんしんけい)が働く時、つまりリラックスしている状態です。心休まる幸せな時間を過ごすためにも、無理な制限をせず健康的な食生活を心がけるようにしたいですね。

 

それではまた

kogetora

スポンサードリンク

 - 美容・健康, 食べ物・健康