健康な身体と豊かな心で幸せになる学習書 焦げた虎の巻

人生は一度きり、精一杯生きるには健康な身体と心が必要です。食事、睡眠、運動など、日常の当たり前から健康法を見つけていきましょう!

歯って大事、虫歯にならないためには?①

      2016/02/11


Good evening(グッドイブニング)

kogetoraです。

 

今日は最近気になっている事をお話していきます。

ちなみに今回は人間の話です。

スポンサードリンク

歯磨きすれば虫歯にならない?

皆さんは歯磨きは毎日してますか?毎朝、毎晩?それともお昼も磨いてますか?

toothbrush-685326_640

最近虫歯が出来てしまった私は歯医者さんへ通っています。

そこで思った事は、ズバリ虫歯は何故できるのか!

子供のような疑問ですが、皆さんはちゃんと理解していますか?

調べてみると面白い事がたくさんわかりましたよ!

虫歯は何故できるのか

主に虫歯とは、口の中の細菌が「糖」を利用して「酸」を作り出し歯を溶かしてしまう事をいいます。

 

虫歯はの原因は何か

上記で細菌と言いましたが、細菌にも良い細菌と悪い細菌がいます。そして虫歯の主な原因は、プラークと呼ばれる悪い細菌の塊のような物です。

このプラークを減らす作業が歯磨きです。

よくプラークコントロールとか言われてますよね!!

スポンサードリンク

 

じゃどうやってコントロールするのか!

大事なのはpH(ペーハー)

はい、まず口の中のpH(ペーハー)を整えます。ピンクの夫婦では無いです。

ペーハーというのを簡単に言うと、水溶性の物が酸性かアルカリ性か中性かを表す単位です。

そしてプラークが悪さ出来ないpHは、口の中が中性に保たれている時です。(中性は7という値が一般的で、7より大きいとアルカリ性、小さいと酸性です)

ちなみに何も食べたりしていない時の人の口の中のpHは6.5~6.8くらいらしいです。

なので大体中性!

凄いのが、この状態だと虫歯にはならない!!!そうです!

人間って凄いですね。

しかし世の中、歯医者さんはコンビニより多く、虫歯になった事の無い人はいない程、虫歯さん達は蔓延しています。

それは何故か。

口の中を中性にしておけない理由

上記のpHが人の口の中で中性でいられるのは、人が物を食べたり飲んだりしていない状態の時なのです。

ひとが物を食べ、口に糖が含まれると口の中のプラークさんが酸を作り出しちゃうんです……。

という事は、口の中で酸性が強くなっていきpHの数値が下がります。

すると、pHの値が5.5を過ぎるあたりで、歯が溶け始め、虫歯さんになるという訳です。

 

えっ、じゃなんも食うなって事ですか!?と思われるかもしれませんが、そんな事はありません!!!

pHが下がるのには時間がかかりますし、元の中性に戻すことも出来ます。というか通常は戻る傾向にあります。

そして…‥詳しいお話はまた明日!!!

 

今回の挨拶は、習う人は幼稚園でならいますね!

英語のこんばんはでした。

それではまた

kogetora

 

次の記事  歯って大事、虫歯にならないためには?②

スポンサードリンク

 - 美容・健康