健康な身体と豊かな心で幸せになる学習書 焦げた虎の巻

人生は一度きり、精一杯生きるには健康な身体と心が必要です。食事、睡眠、運動など、日常の当たり前から健康法を見つけていきましょう!

首のリンパの場所を覚えて肩こり予防とむくみ改善!

      2017/02/24

Pocket

どうもkogetoraです。

前回は喉と首のお話でしたが、その際に首のリンパのお話をしましたよね。まだご覧になっていない方は下記よりご覧いただけたら幸いです。喉や首の腫れ、痛みについて書いてあります。↓

喉が腫たら首の状態(リンパ)もチェックしましょう

そして今回はその首周りのリンパのお話です。

リンパとはリンパ腺やリンパ節の事を指しており、リンパ腺はタンパク質やリンパ球を含むリンパ液を身体に巡らせ身体の老廃物や毒素を取り除く役割があります。

そしてこのリンパをマッサージする事で老廃物や毒素を取り除く効果をより促す事が出来、首やアゴ下のむくみの解消や肩こりの改善に効果があると言われています。

日々デスクワークで肩こりがヒドイ人、毎日寝不足で顔がむくみやすい人等、悩まれている方は少なくないと思います。私も寝起きは大体むくんでしまうので改善していきたいと思っています。皆さんも今回の話で首回りのリンパの位置や正しいマッサージ方法等を知り、是非役立てて頂けたら嬉しく思います。

スポンサードリンク

首のリンパを知り、正しいマッサージで悩みを解消

まずは首のリンパがどのような位置にあるのか把握する事から始めましょう。

d7a9307cb3823cb122d1461b0e88a221_s

こちらはほぼ正面から見た図ですが、これだけでも首には多くのリンパが通っている事がわかりますね。次に横から見た図をお見せ致しますので併せて参考にしてみてください。

リンパ図

これでおおよその位置が把握できましたね。

只、注意して頂きたいのが首はリンパだけではなく血管や神経等、生命維持に欠かせない器官の通り道でもあります。その為これからお伝えするマッサージ法等を実践する場合は、くれぐれも力の入れすぎには気をつけましょう。

そして前回お話しした首の症状で、痛み、腫れ、熱を持つ、赤みやしこり等が現れている場合はマッサージを控えるようにお願い致します。リンパの流れを良くすることで症状が改善する場合もあるかもしれませんが、同時に刺激が加わる事で悪化する危険性もあります。首の状態が普段と異なる場合はまず医師に相談し、マッサージ等が必要だと指示があった場合のみ行うようにしましょう。

首のリンパマッサージ方法

肩こり・首こり

肩こりや首のこりの場合は、浅頸リンパ節(せんけいりんぱせつ)や後頸リンパ節(こうけいりんぱせつ)のリンパをマッサージする事で改善する事が期待できます。

コリは筋肉の硬直、血流の悪化等も言われていますが、リンパの流れが滞っている事やそれによる老廃物の滞留が原因とされる場合があります。その場合はリンパの流れを手で補助してあげる事で流れがスムーズの行われ、毒素等も溜まること無くコリが解消されるという事です。

方法はまず耳の下の浅頸リンパ節の上部から鎖骨に向かって優しく擦るように下ろします。もう1つの後頸リンパ節の場合は、同じく耳の下の後頸リンパ節上部から肩の先に向かって優しく擦るように動かします。これを左右10回程行います。

肩こり首こり

何度も言うようですが、このマッサージとは言っても力はそこまで必要なく、首をさする程度、なでるような感覚で行うと良いでしょう。

それでは次は顔のむくみ解消や小顔効果のあるマッサージについてです。

スポンサードリンク

顔のむくみ解消・小顔効果

顔への効果を期待する場合も、浅頸・後頸リンパ節をマッサージするのですが、それに加えオトガイ下・顎下・咽頭後リンパ節もマッサージします。

あとの3つのリンパ節は顎の骨に沿うように位置していますが、若干のど側に添わせてマッサージしても良いかもしれません。できればマッサージする時は手のひらを使って広範囲に行えるようにしまよう。

方法は2種類あり、

小顔・むくっみ2

①オトガイ下から顎下→咽頭後→浅頸までさすり、その後鎖骨方向に降ろす。

オトガイ下から顎下→咽頭後→浅頸→後頸までさすり、肩先へ向かって動かします。

リンパ線は身体中を巡っている為、首から鎖骨だけではなく、肩先にも流してあげる事で効果の向上が期待できます。この他にも肩甲骨の方にも行えますが、さすがに背中へは一人では難しいので上記の2種類としました。

また首だけではなく鎖骨まわりのマッサージでも肩こり改善・むくみ解消効果は期待できます。今回は触れませんでしたが下記に関連動画を載せましたので是非参考にしてみてください。

 

 

リンパマッサージの効果を上げる方法

実際にマッサージをする前や、マッサージ中に行うとより効果を高めれる方法をいくつかご紹介します。

・水を飲むこと

水
これはマッサージでをする前だけではなく、普段から飲むようにする事でリンパの流れを良くする効果が期待できます。出来れば一日に2リットル飲むことが理想的で、一度に飲む必要はありません。朝、昼、晩、そしてマッサージ前、運動前、運動後、の様に何度かに分けて飲むようにすれば無理な量ではないと思います。

また普段から水を一定量飲むよう習慣づけると、便秘の解消や免疫力向上も期待できますので是非取り入れてみてください。

・マッサージは入浴中か入浴後がオススメ

風呂1

入浴中は血行がよくなりますよね、そうするとリンパの流れも促されるのでその時にマッサージする事はとても効果的なんです。また入浴中は上半身を、入浴後は下半身等、体の部位を分けて行うと効率的ですね。

・副交感神経を働かせる

副交感神経とは人がリラックスしている時に働くもので、自律神経のバランスに関わっています。そしてリンパのマッサージは副交感神経が働く時、つまりリラックスした状態で行うとより効果的です。

森林浴

ぬるめの入浴時も副交感神経が働く為、上記の入浴中のマッサージはとても効果的ですね。その他には音楽を聴く、アロマをたく、森林浴等ですかね。自分自身のリラックス方を探しながら行うと良いかもしれませんね。

リンパマッサージを行わないほうが良い時

リンパマッサージは自身の体調も気にしながら行うほうが良いです。

熱がある、腫れ、痛み、しこり等が症状として現れている時は控えましょう。詳しくは記事冒頭にご紹介した前回の記事「喉が腫たら首の状態(リンパ)もチェックしましょう」をご覧ください。

 

いかがでしたでしょうか

今回のお話でよりリンパの事を知る事が出来ましたね。リンパは身体中を巡っており、身体を上手く機能させる為、病気に対抗する為には欠かせない器官です。これからも順次リンパによる症状や健康効果等をお伝えしていきますので、是非参考にしてみてください。

それではまた

kogetora

スポンサードリンク

 - 美容・健康