健康な身体と豊かな心で幸せになる学習書 焦げた虎の巻

人生は一度きり、精一杯生きるには健康な身体と心が必要です。食事、睡眠、運動など、日常の当たり前から健康法を見つけていきましょう!

人と雑談するのが苦手、恐いと思う原因と対処法とは

      2016/07/24


どうもkogetoraです。

今回からは人に対しての恐怖や緊張についてのお話をしていきたいと思うのですが、人間自体の怖さ(肉体的・精神的な暴力等)の事では無く、人が人と接する時に感じる恐怖や緊張についてです。

具体的な例を挙げますと、人前で話をする時の恐怖や緊張人から指摘される恐怖(失敗や自分の考えの否定)等の事です。

おそらく殆どの人が何かしらの体験をされているかとは思いますが、今の時期ですと新入社員は新しく配属された職場での挨拶や取引先企業でのプレゼン、そしてその後役職に就いたとしても、重要な会議の出席や演説等の機会も増えてくるでしょう。もし会社に所属していない人でも一年中部屋に閉じこもっていない限りは人と接する機会はあるはずです。

人と接する事が怖い?緊張する?そんなのたいした事じゃないよ、と思われる人も世の中にはいるかもしれませんが、実際に症状が現れている人からすればそれはとても辛く、仕事や私生活に支障をきたす程です。そしてそれらの症状は周りから非難の視線や発言から悪化する危険性があり、精神的に不安定な状態に陥った人は薬物への依存やうつ病等を引き起こす可能性まであるという事を知って頂きたいです。

これから症状毎に考えうる原因と対処法をお話していきたいと思います。もし現在そのような症状に悩まれている方がいらっしゃいましたら少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサードリンク

人と話す事・見られる事・考えを知る事が怖いという事とは

まず人と接する事に恐怖や緊張を感じる事は、対人恐怖症(たいじんきょうふしょう)社会不安障害・SAD(しゃかいふあんしょうがい)等の心の病気だと言われています。上記の2つは混同される事もありますが、実は違う症状であり考え方、対処の仕方も異なります。

今回からの記事以降10回程に分けて症状別にお話しをして、最後にまとめ記事を作成しようと思います。

対人恐怖症とSADとの違いも最後のまとめまでご覧いただければわかって頂けると思います。

今回の記事では人と話をする事、雑談に関する事です。

話し合い3

普段よくある事だと思いますが、職場の相手や得意先、近所の人等との会話の際に、緊張したり会話する事自体が怖く億劫になる事はありませんか?

そんな症状があるという事を知らない方もいらっしゃると思いますので、是非参考にしてみてください。

相手の心を気にしてしまう対人恐怖症、雑談恐怖症とは

・雑談恐怖症(ざつだんきょうふしょう)

雑談恐怖症とは、読んで字のごとく人と他愛もない話をする事が上手くできなくなる症状です。

この症状は対人恐怖症の中では比較的多く見られ、人により症状の幅も異なり自分では気づかない事もあるかと思います。

 

具体的には、職場等で仕事の話をする時はスラスラと言葉が口から出て相手との会話も上手く行われるのですが、休憩時や昼食時等の話すことを強要されない時に話せなくなります。

これは初対面の人や慣れない人、取引先などが相手の時は特に症状が現れやすいです。

 

仕事では何を伝え、何を聞き、何を一緒に考えるかが明確です。しかし休憩時等には決まった話題や話すタイミングも自由な為、内容やタイミングは計りづらいですよね。

自分の話す内容が相手にはウケないのではないか、つまらないのではないか、理解されないのではないか等、悪い方へ考えてしまい言葉が出てこない症状です。

要は相手の気持ちを自分自身で勝手に想像して話せなくなってしまうという事です。

このような症状の場合は飲み会や社員旅行等では精神的苦痛を感じ、出席する事自体がとても耐え難くなり、そういった場に上手く馴染もうとすればする程に毎日の肉体的、精神的疲労が蓄積し体調を崩す場合や夜眠れないという症状が起こります。

 

スポンサードリンク

対処法

まずは話さなければいけないという義務感を取り払うことです。

言うは易しですが、仕事では話せて雑談が出来ないという事は、決して相手の話の内容が理解できない訳でも話をする事が出来ない訳でもありません。只、話す内容がとっさに思い浮かばないだけなのですから、思いつかないなら話さなければ良いのです。

 

まずは相手の話を待ち聞く事に徹します。

聞く

実は人と上手く会話するにはこれが一番大事だと私は考えており、心理学的に大概の人間は自分の話を誰かに聞いて欲しいという欲求があります。

しかしただ聞くだけでは無く、相手の話す内容を出来るだけ理解し適当な場所で相槌をうち、相手に気持よく話をさせる事が重要です。

これは営業の仕事にも役立つスキルなのですが、商売の際にも物を売りたいからと自分の商品の説明だけをしても相手は警戒して買ってはくれません。

しかし相手の状況や悩みを上手く聞き出す事で相手の不安を取り除き、ひいては信頼関係まで築く事ができるのです。

 

また、相手から自分の成長の為になる情報を聞き出せないか考える事も大切です。

思いがけず相手が話した内容が、今後の自分の人生を変える話だったなんて事もありえない話ではありません。

 

雑談恐怖症に陥った時には「何か話さなきゃ、上手く話さなきゃ」と考えるようになり、先に相手が何かを話していても聞くことを疎かにしてしまいがちです。

それでは相手との会話は続きませんよね、相手の人も自分の話をなんとなくしか聞いてくれない相手、そして話す内容もイマイチ纏まっていない、そんな人とは会話をしたいとは思いません。

そしてこの上手く話そうと考える心が負のスパイラルへと繋がってしまうのです。

 

もし現在このような症状でお困りの方は一度話を良く聞くこと、その話に出来るだけ関心を持ち理解する事に重点を置いてみてください。

中には自分からはあまり話さない相手もいるかもしれませんが、その時は無理に話そうとせず相手が話しだすか何か話を思いつくまで待ってみましょう。

もしかしたら同じ悩みを持つ仲間かもしれませんしね。

 

只、社会には「ウジウジしてないで輪に入って積極的に話せ!」と強要してくる人もいるでしょう。

それがこの症状を悪化させる根源でもあるのですが、そういった事をいう人にもその人なりの考えのもと話している場合があります。

もし自分の事を考えて言ってくれる相手ならば、自身の症状を正直に話てみても良いかもしれません。人によっては話し方や話のネタのアドバイスをくれる事もあります。

 

しかし、全ての人が理解してくれる人ばかりではありません。

「うだうだ言ってないでやれ、これだからゆとり世代は……」等の辛辣な言葉を浴びせられる事もあるかもしれません。

人の気持を理解する事は難しく、相手からすると大した事だとは思われないような事が私達には大きな問題であり、それを理解してもらう事は困難な事です。

この場合の対処法は難しいいのですが、「わかりました(かしこまりました)、(助言いただき)ありがとうございます」と伝えておけば良いです。

指摘してきた相手がその場に同席する際はその後多少は積極的に話すよう努力が必要なのですが、もし指摘された相手がいない場合は最初にお話した聞くことを実践してみてください。

重要なのはその時に会話する相手との関係です。人の心を考えず指摘してきた人への表向きなんて今後は何も役には立ちませんので。

仲間

その他の対処法としては精神科医の先生に相談する事もできますが、診断書を用意してくれる場合とそうでない場合とがあります。

これは病名や症状の問題なのですが、医師が病名を判断する事が困難な場合はカウンセリングのみを行い、後は会社との話し合い等で対処する事があります。

こうなると大事になってしまう可能性がありますので、雑談恐怖症の方ではここまでする人は少ないです。

 

いかがでしたでしょうか

人は相手の話す内容や表情から相手の気持ちや様子を伺う事が出来ます。それは時として円滑なコミュニケーションに繋がり、人と人との親密度を高める事に繋がります。

しかし相手の気持ちばかりを気にし、自分の中で相手の気持ちを想像し過ぎてしまうと話す事自体が辛くなってしまいますよね。

人と話すことは相手があって始まる事ですが、相手の気持ちなんて考えてもそう解るものではありません。だからこそ悩んでしまうのですが、出来れば少し心に余裕を持てると良いですよね。

それではまた

kogetora

 

 - 心理・健康, 精神・心の健康