健康な身体と豊かな心で幸せになる学習書 焦げた虎の巻

人生は一度きり、精一杯生きるには健康な身体と心が必要です。食事、睡眠、運動など、日常の当たり前から健康法を見つけていきましょう!

視線を感じる事が恐い症状・視線恐怖症とは

      2016/07/24

Pocket

どうもkogetoraです。

 

今回のお話も人に対しての恐怖や緊張の話なのですが、前回もお話したとおり人間自体の怖さ(肉体的・精神的な暴力等)の事では無く、人が人と接する時に感じる恐怖や緊張についてです。

具体的な例を挙げますと、人前で話をする時の恐怖や緊張人から指摘される恐怖(失敗や自分の考えの否定)等の事です。

前回は雑談に恐怖を感じるお話でした。

もしまだご覧になっていない方は下記より御覧ください。

人と雑談するのが苦手、恐いと思う原因と対処法とは

 

今日お話する内容は人から見られているという事、人目が気になる事に恐怖を感じる症状についてです。

 

スポンサードリンク

相手の視線を気にしてしまう対人恐怖症とは

まず人と接する事に恐怖や緊張を感じる事は、対人恐怖症(たいじんきょうふしょう)社会不安障害・SAD(しゃかいふあんしょうがい)等の心の病気だと言われています。上記の2つは混同される事もありますが、実は違う症状であり考え方、対処の仕方も異なります。

 

前回からの記事以降10回程に分けて症状別にお話しをして、最後にまとめ記事を作成しようと思います。

対人恐怖症とSADとの違いも最後のまとめまでご覧いただければわかって頂けると思います。

 

視線恐怖症(しせんきょうふしょう)

視線恐怖症とは、自分が誰かに見られているのではないか、注目されているのではないかと感じ動揺してしまう症状です。

焦る男子

症状の1つとしては、大勢の人が周りにいる場面ではまわりの人の視線が気になりキョロキョロと挙動不審な行動をとる、もしくは金縛りにあったかのように身動きがとれなくなる等です。

 

症状は学校での授業中、図書館等での読書中、スポーツの試合中、大人数での会議中等の集中したい場面で起こる事があり、そうなると集中力が欠け勉強やスポーツ、仕事に支障をきたします。

またその他にも電車内や道端等の公共の場でも症状は現れ、せっかくの旅行やショッピング等も楽しめなくなってしまいます。

症状の重い方は外出時に人を見るのが怖くなり前を見て歩けなくなる、外に出られなくなるという場合もあります。

 

対処法

そもそもこの症状の根本の原因が何かわかれば早いのですが、傾向はあるにしろ人によって原因は異なります。

子供の頃のいじめや虐待、仲の良い友達や好きな子に言われた何気ない一言等が原因の事も有り得ます。

根本は相手から見た自分が気になるという事、そこには多少なり自分を良く見せたいという願望も含まれているでしょう。しかしこれは誰しもが考えている事ではないでしょうか?

私だって人には良く思われたい、良く見られたいです。ただロックな人は「周りからの目なんか気にしない!俺は俺のしたいように生きてるんだ」と言われる方もいらっしゃるかもしれませんが、大概の人は周りからの評価が気になるはずです。

 

人は自我の目覚めと共に誰かに認めて欲しいという欲求が発生します。これは家族、恋人、友達、同僚、上司、通りすがりの綺麗な人、かっこいい人、世の中の人皆等、挙げだすとキリがないのですが誰しもが何かしら考えている事だと思います。

そしてこの視線恐怖症、ひいては対人恐怖症の方の場合はその傾向が強い事が考えられます。

 

幼い時に言われた言葉が後を引いて、人に認められなければならない、人から嫌われたくない、人に好かれたい、綺麗に見られたい、かっこ良く見られたい……等、自分に自身を持てずにいる人であり、尚且つプライドの高い人に起こりやすい症状かもしれません。

 

それではどのようにして改善していくのかですが、まず仲の良い人と買い物に行き洋服と靴を選んでもらいましょう。

ショッピング

それは家族でも良いですし、友達でも良いです。相手はやはり仲の良い人が理想で、自分の事を少しは理解していると感じる人です。

 

その人が選んだ服や靴を履いてまず行動するようにしてみてください、もし視線を気にする場面が出てきたらこう考えてください、まわりの人は〇〇さんが選んだ服を見ているんだ」と「きっとその服や靴が良い(おしゃれ)だから見ているのだ」と考えるようにします。

そうすると視線の先が自分ではなく誰かが選んだ物に移るはずです。

 

そしてその次の段階では自分になんらかの自信をつける努力をします。

筋トレやダイエットでも良いですが長く続く事が理想ですので自分の趣味が理想で、趣味を人に見せられる程に高められると良いです。

趣味次第な部分はあるのですが、スポーツ、ゲーム、勉強、ダンス、歌、楽器、マジック、裁縫、パソコン、読書……等なんでも良いですが、自分の知識と技術を高めるように努力します。

鍛えるランニング

この努力という事が重要で、決して今までに努力していなかった訳ではないとは思いますが、自分に自信が持てるほどの努力をする事で改善していけると思います。

 

また、あとは人間観察を趣味にするという事も1つです。

これは逆効果だと言われる場合もあるのですが、私はそうは思いません。

人を観察する、見る事でわかる事があるんです。

観察ひよこ

実際人間は単純な生き物であり、思考的に動いているようで実は本能的であったりします。

人が人を見る時はどんな時か、普段人はあまり他の人の事を見ていないんじゃないかと気づけた時には症状も緩和しているかもしれませんね。

対人恐怖症は自分自身の思い込みの部分が大きく、一種の暗示のような物を自分にかけてしまう場合があります。

という事は自分に治るよう暗示をかける事だって出来るはずです、要は治らないことはないという事です。

 

いかがでしたでしょうか

人からの視線は気になる人、気にならない人、気にしない人等様々ですが、症状の重い方は外を出歩く事すら困難になる事もあります。

精神科医の先生に相談する事も出来るかと思いますが、抗うつ剤等を処方され一時的に緩和したように感じても、心の問題を根本から解決したと言えるのでしょうか。

只、自分1人で抱え込む事は一番良くありませんので、もし周りに相談できる人がいないのでしたら先生に相談し、薬に頼らない解決策を見つけられると良いですね。

それではまた

kogetora

 - 心理・健康, 精神・心の健康