健康な身体と豊かな心で幸せになる学習書 焦げた虎の巻

人生は一度きり、精一杯生きるには健康な身体と心が必要です。食事、睡眠、運動など、日常の当たり前から健康法を見つけていきましょう!

電話できない、でたくない症状・電話恐怖症とは

      2016/07/24


どうもkogetoraです

先日から人に対しての恐怖や緊張の話をしています。それは人間自体の怖さ(肉体的・精神的な暴力等)の事では無く、人が人と接する時に感じる恐怖や緊張についてです。

具体的な例を挙げますと、人前で話をする時の恐怖や緊張人から指摘される恐怖(失敗や自分の考えの否定)等の事です。

おそらく殆どの人が何かしらの体験をされているかとは思いますが、今の時期ですと新入社員は新しく配属された職場での挨拶や取引先企業でのプレゼン、そしてその後役職に就いたとしても、重要な会議の出席や演説等の機会も増えてくるでしょう。

もし会社に所属していない人でも一年中部屋に閉じこもっていない限りは人と接する機会はあるはずです。

 

人と接する事が怖い?緊張する?そんなのたいした事じゃないよ、と思われる人も世の中にはいるかもしれませんが、実際に症状が現れている人からすればそれはとても辛く、仕事や私生活に支障をきたす程です。

そしてそれらの症状は周りから非難の視線や発言から悪化する危険性があり、精神的に不安定な状態に陥った人は薬物への依存やうつ病等を引き起こす可能性まであるという事を知って頂きたいです。

これから症状毎に考えうる原因と対処法をお話していきたいと思います。

もし現在そのような症状に悩まれている方がいらっしゃいましたら少しでもお役に立てれば幸いです。

 

また、前回までは「視線を感じる事が恐い症状・視線恐怖症とは」と「人と雑談するのが苦手、恐いと思う原因と対処法とは」というお話をしました。

もしまだご覧になっていない方は是非参考にしてみてください。

スポンサードリンク

 

相手の心やまわりの視線を気にしてしまう対人恐怖症とは

まず人と接する事に恐怖や緊張を感じる事は、対人恐怖症(たいじんきょうふしょう)社会不安障害・SAD(しゃかいふあんしょうがい)等の心の病気だと言われています。上記の2つは混同される事もありますが、実は違う症状であり考え方、対処の仕方も異なります。

前回からの記事以降10回程に分けて症状別にお話しをして、最後にまとめ記事を作成しようと思います。

対人恐怖症とSADとの違いも最後のまとめまでご覧いただければわかって頂けると思います。

 

電話恐怖症

電話恐怖症とは電話に出る事、電話をかける事、電話が鳴る事、電話の際の話の内容を誰かに聞かれる事を恐れる症状です。

電話写真

これは人によって症状は異なり、仕事の際の電話が億劫になる時、仕事もプライベートの時などいつも症状が現れる場合とがあります。

 

仕事の時だけ症状が現れるのであれば原因は電話の相手、もしくは社内の人間、仕事への不安等に原因が考えられますが、電話自体に恐怖を感じるのであれば原因を突き止めるのは困難かもしれません。

 

そもそも何故電話が恐いのかについてですが、原因はいくつか考えられますが過去のトラウマ等も関係してくる為ここでお話する内容が全てでは無いことをご了承ください。

まず原因として考えられる1つ目は相手が見えないという事です。

 

電話というのは当たり前ですが、テレビ電話で無い限りは相手の声しか認識出来ません。電話恐怖症になる人はこの相手を認識できる要素が少ない事が原因の1つだと考えられます。

でも普段だって話す時は声で聞いて声で話すから変わらないでしょ、と思われる人もいるかもしれませんが、普段人と会話する時を思い返してみてください。

人は会話する時は相手の顔、表情、しぐさ等の体の動き等、相手の気持ちや考えを感じ取る事の出来る要素を多く含んでいる事に気づきませんか?

またそれだけではなく物理的な相手との距離も重要な要素になり、仮に表情を感じ取る事が困難な状況(運転中や作業中等)で会話する時と電話での会話では距離の違いで恐怖を感じる事があります。

 

この他には内容を1度で(電話での会話の中だけで)全て伝えなければならないという緊張感が考えられます。電話を一度切ってから「あ、あの内容を伝え忘れた……すぐには掛けづらいな」となる事は誰にでも経験があると思いますが、そのような状況になる事を事前に想像し、常に緊張している状況を恐れてしまいます。

電話嫌男

そしてそれを上司や口調の強い人に指摘された事がトラウマになり、常にプレッシャーを感じている事が次第に恐怖症へと進行する可能性があります。

電話を受ける際には、相手からいつ、どんな内容の電話がかかってくるのか分からないという恐怖等も原因と考えられます。

 

この症状は普段から心配性の人がなり易いかもしれませんが、人と合うのは突然の事もありますが大概は打ち合わせ、話し合い、プレゼン、会議、デート、合コン……等、誰と会って何を話そうか少しは想像したり予測する事が出来ますよね。しかし電話が掛かってくる時は自分が意図していない時が殆どで、自分が作業中だろうが睡眠中だろうが、自分が把握していない内容の電話だろうが急に話すことを強要されます。勿論出ないという選択肢もありますが、仕事中でしかも社内なら目の前の電話が鳴っていたら出ない訳にはいかないですよね。

 

そんな時「ちゃんと相手の必要としている内容を応えられるだろうか」や「相手に嫌に思われないだろうか」、「話している最中に会話が途切れずに話し終える事が出来るだろうか」等、様々な事を想像し自分で自分にプレッシャーをかけてしまう事が原因だと考えられます。

そしてそれらの症状が原因で、電話の向こうの相手や電話中の自分の周りの人(上司や家族)等からの評価が下がる事への恐怖も関係してきます。

 

きっと多くの人が多少なりとも上記の内容を嫌だと感じる原因はあると思うのですが、その「嫌」の度合いが高い人が電話恐怖症と言われています。

症状のある人は受話器を持つこと自体に恐怖を感じる、電話のあるデスクに恐怖を感じる、電話の音に恐怖を感じる、電話の相手の声、話の内容が頭に入ってこない、理解できない、話している最中の声が震える、滑舌は悪くなり話せない、話す内容がまとまらない、そしてその話せない自分自信が嫌、という様々な症状が現れます。

スポンサードリンク

 

対処法

勿論症状によって異なると思いますが、考え方を変える事も1つの方法です

下記に記載する内容で自分が一番しっくりきそうな方法を試してみてください。

 

・電話を受ける時は、相手を助けるイメージを持つ事

助け合い手

仕事等で電話を受けて応えなければならない時は、相手は困っていて自分を頼ってきている、だからそれに応えてあげる事は良い事だと思うようにします。

電話は嫌な事自分自身に暗示をかけてしまうと更に症状を悪化させかねません。

気持ちをすぐに切り替える事は難しいと思いますので、まずは親しい相手や家族の悩みなどを電話で聞くようにしてみてください、それが徐々に電話で相手の話や悩みを聞く事の抵抗を減らしてくれると思います。

只、親しい人は自分に気を遣ってくれますが仕事の相手ではそうはいきませんよね、そこからは自分自身への暗示と反復です。

上記でお伝えした様に電話で相手の要求を聞き応える事は良い事、そしてそれは普段から家族等にしている事と同じだ、と考えていけると症状も緩和してくるかもしれませんね。

人はどこかで人の約に立てる事に喜びを感じる物ですし、その見返りを心の中で求めるものです。

人の役に立つ事で自分へも良い事があると考える、もしくは自分へのご褒美なども良いかもしれませんね。

 

・電話で聞かれた内容に自分が全て応えなければならないという状況・考えを作らないor逃げ道を作っておく

これは私が普段考えている事なのであまり当てにならないかもしれませんが、完璧なものなどこの世の中には殆ど存在しません

話す事が苦手な人だっています、話をまとめるのが苦手な人だっています、すぐに答えが思いつかない人だっています、はたして全ての電話の相手が完璧な答えを求めているのでしょうか?

私はそうは思いません、相手は聞きたい答えが最終的に聞ければ良く、こちらからは最終的に相手に伝えたい内容を伝えられれば良いのです。

言ってしまえば無理に自分が電話で話さなくても良いかもしれません。もし話がその場で理解出来なかった場合は、まず内容を聞き取る事に集中してメモ書きし「すぐに確認しますorすぐに折り返す」と伝え保留もしくは一度電話を切ります。そしてその内容を1番理解出来そうな人へ相談するor引き継いでもらい答えを出してもらいます。

電話恐怖症の人は「自分が電話を受けなければならない」「自分が良い答えを出さなければならない」「自分が……」等自分本位での思考に陥りやすいのですが、きっと電話の相手や自分の会社の人は電話が苦手なアナタが必ず応えて貰わなければならないとは思っていないと思いますよ。

重要なのは相手が求めているものを与える事、もしくは伝えたいことを伝える事ですよね。

それはどんな手段でも良いと思いませんか?

即答できるような内容なら難しいのですが、「内容を見返せるようにメールでお送り致します」や「お伝えする情報が多くなりますしデータでお送り致します」等の逃げ道を作る事が出来るかもしれません。

電話笑顔

・人間は皆同じだと考える

これも私の勝手な考えなのですが、お客様も、お取引先も、会社の上司も、尊敬や敬う事はあれ皆同じ人間です。

失敗だってしますし苦手な事だってあります。

アナタだけが上手く出来ない訳では無いですし、その気持を理解してくれる人だっています。

電話での緊張も相手からの評価、周りからの評価等を気にし過ぎる事が原因ですので、まずは電話の相手や周りの人への緊張ややり難さを減らす事から始めてみましょう。

仲間地球

いかがでしたでしょうか

今日は電話をかける事、出る事、電話自体に恐怖を感じる症状についてでしたね。

恐怖症は誰かからトラウマを植え付けられてしまう事で症状が現れる事がある為、誰かに緊張・恐怖を感じてしまう事=「誰かと話す電話に恐怖」に繋がってしまうのかもしれません。

しかし電話の向こうの相手は本当にアナタより偉く、アナタが緊張する程の人でしょうか?

 

本当は話すととても気さくで、こちらから歩み寄れば自分の力になってくれる人かもしれません。

アナタの周りの同僚にはアナタが困っている時は助けてくれる人がたくさんいるかもしれません。

 

もし入社したばかりなら難しいかもしれませんが、考えて行動する事と、何事も難しく考える事は違います。

自分がした事の無い事を初めて行う時や話したことの無い人と話す事、一度失敗した時や一度注意された時等、わからない事やプレッシャーを感じる場面だと、人は周りからは簡単そうに思える事を難しく捉えてしまう事があります。

これは緊張から視野が狭まり目の前の事しか見えなくなったり、心に余裕がなくなるからですよね。

 

でも初めての事は皆失敗しますし仕方ないですよ。

1度や2度の失敗や、注意された事を繰り返し失敗したとしてもアナタの中でそれが蓄積されればそれは成長です。

自分の事は自分が一番良くわかるとは思いますが、自分への評価というのは自分ではわからないものです。

アナタの頑張りはきっと誰か見てくれていると思います。

それではまた

kogetora

スポンサードリンク

 

 - 心理・健康, 精神・心の健康