健康な身体と豊かな心で幸せになる学習書 焦げた虎の巻

人生は一度きり、精一杯生きるには健康な身体と心が必要です。食事、睡眠、運動など、日常の当たり前から健康法を見つけていきましょう!

顔が赤くなる症状・赤面症とは

      2016/07/24

Pocket

どうもkogetoraです。

 

先日から人に対しての恐怖や緊張の話をしています。それは人間自体の怖さ(肉体的・精神的な暴力等)の事では無く、人が人と接する時に感じる恐怖や緊張についてです。

具体的な例を挙げますと、人前で話をする時の恐怖や緊張、人から指摘される恐怖(失敗や自分の考えの否定)等の事です。

 

おそらく殆どの人が何かしらの体験をされているかとは思いますが、今の時期ですと新入社員は新しく配属された職場での挨拶や取引先企業でのプレゼン、そしてその後役職に就いたとしても、重要な会議の出席や演説等の機会も増えてくるでしょう。

もし会社に所属していない人でも一年中部屋に閉じこもっていない限りは人と接する機会はあるはずです。

 

人と接する事が怖い?緊張する?そんなのたいした事じゃないよ、と思われる人も世の中にはいるかもしれませんが、実際に症状が現れている人からすればそれはとても辛く、仕事や私生活に支障をきたす程です。

 

そしてそれらの症状は周りから非難の視線や発言から悪化する危険性があり、精神的に不安定な状態に陥った人は薬物への依存やうつ病等を引き起こす可能性まであるという事を知って頂きたいです。

 

これから症状毎に考えうる原因と対処法をお話していきたいと思います。

 

もし現在そのような症状に悩まれている方がいらっしゃいましたら少しでもお役に立てれば幸いです。

 

また前回までは「電話できない、でたくない症状・電話恐怖症とは」、「視線を感じる事が恐い症状・視線恐怖症とは」、「人と雑談するのが苦手、恐いと思う原因と対処法とは」「目をそらす、相手の目を見て話せない症状・正視恐怖症とは」というお話をしました。

もしまだご覧になっていない方は是非参考にしてみてください。

スポンサードリンク

 

まわりからの視線・相手の心を気にしてしまう対人恐怖症とは

まず人と接する事に恐怖や緊張を感じる事は、対人恐怖症(たいじんきょうふしょう)社会不安障害・SAD(しゃかいふあんしょうがい)等の心の病気だと言われています。

上記の2つは混同される事もありますが、実は違う症状であり、考え方、対処の仕方も異なります。

 

先日からの記事以降10回程に分けて症状別にお話しをして、最後にまとめ記事を作成しようと思います。

対人恐怖症とSADとの違いも最後のまとめまでご覧いただければわかって頂けると思います。

今回は対人恐怖症の中でも多く見られる症状の赤面症(せきめんしょう)についてお話していきたいと思います。

 

赤面症(せきめんしょう)

赤面症とは、人と接する時や人前に出た時に顔(頬、耳、顔全体)が赤みを帯びる症状の事を指します。

赤面男子

赤面するという症状自体は多くの人が恥ずかしい場面や興奮している時等に症状として現れますよね。

しかし、この症状の場合では、普段の生活の中で自分自身でその症状を作り出してしまうのです。

これが対人恐怖症の主な症状なのですが、自分自身で周りの人の気持や心、考えを勝手に想像し、それが自分自身へ恐怖として返ってくる事で様々な症状が現れます。

 

顔自体が赤くなる原因は様々考えられるそうなのですが、主に言われているのが血流による作用、交感神経が関係していると考えられています。

交感神経は緊張・ストレス・活動している時に働く神経で、副交感神経というのはリラックスしている時や休んでいる時に働きます。

顔の赤みは血行が良くなる事、血圧の上昇等が原因だと考えられますが、血管が広がり血流が良くなるのは実は副交感神経が働いている時なんです。

ではなぜ緊張している時に赤面するのかそれは緊張・ストレスを感じ交感神経が働くとカテコラミンというホルモンを分泌し、それが血圧を高める作用があると考えられます。

 

また皆さんも運動後には血行が良くなりますよね、その際には血流が良くなっている為に心臓の鼓動も早くなり動悸を感じ、汗もかくでしょう。

実際、顔の赤みには個人差があり、元々の顔色にも左右されるため一概には言えないのですが、この状態では多くの人が顔に赤みを帯びているのではないでしょうか?

つまり通常多くの人の顔は赤くなるのです。

ではなぜ赤面症と言われるのか。

赤面症女性

赤面症の人の多くは、今までの経験(トラウマや辛い思い出)で恥ずかしい思いをした事があると思います。

例えば次のような事が考えられます。

子供の頃に失敗した際に恥ずかしくて顔が赤くなった

「顔が赤くなってる!」とまわりからバカにされた → 苦い思い出として心に焼き付く

→何か失敗をした時に自分の顔が赤くなっていてまた指摘される、馬鹿にされると恐怖を感じる

→ドキドキ(動悸や血圧の上昇) → 赤面する

→失敗を指摘される際に自分の顔を見られていると勝手に悪く考えてしまう

→また嫌な思い出として残る……の繰り返しです。

 

上記では相手には失敗を注意されているだけであり、赤面している事には触れていないにも関わらず自分の赤面を気にしてしまいます。

そして赤面している自分を相手が気にしていると思い込んでしまいます。

そのような悪い循環が起こると、人から何か注意されている事自体ではなく、赤面している事が悪いことだと認識するようになります。

そうなると人から見られていると感じるだけで自分が赤面していると勘違いします(赤面していなくても)。そしてその恐怖から動悸・血圧上昇等の作用により赤面します。

スポンサードリンク

 

対処法

まずは赤面する事は悪いことではなく人間の生理現象だと再認識するよう心がけましょう。

これは文字や言葉で感じるのでは無く、実際に目にすると良いと思います。

バレー

例えば、団体競技等のスポーツを観る、実際に運動する事です。

この場合は出来るだけまわりの人との距離は近いほうが良いでしょう、室内競技でも良いです(バスケットボール、バレーボール、卓球など)

そして出来るだけ周りの人の顔を見るようにしてください、きっと多くの人が運動中、運動後には赤面していると認識出来るはずです。

こうしてまずは赤面しているのが自分だけではない、皆も顔は赤くなるんだと普段から慣らしていきます。

チーク

その他には女性ではメイク等でチークを少し濃い目にする、ファンデーションを厚めにする等も出来ますが、自分自身の不安な気持ちを払拭出来ないようなら逆効果ですのでやめましょう。

「ファンデ厚めにしたっけ?チーク塗った?」等、心配事が増え余計不安になります。

基本隠すという好意を自分で認識するのはあまり良くないと思います。

自分自身がそれを支えに出来、安心できる場合のみ行いましょう。

 

その他には考え方を変える事が出来ると良いですよね。

マンガやアニメに出てくるキャラクターは照れる時、緊張している時、好きな人を前にしている時、怒っている時等は頬が赤く描かれていますよね。

照れる女子

アナタはそれを見てどう思いますか?

照れている、好きな人を前にして赤くなっているキャラクターを見て「赤くなって変なの、キモい」なんて思いますか?

私なら「可愛らしい」や「正直な人、ピュア」という言葉が浮かびます。

人間には表情があり、その他の動物に表情がないのは人が感情を表し合う生き物だからだと私は思います。

遠回しな説明で申し訳ございません。つまり顔に出るという事を悪く捉えず、良く考えてみましょうという事です。

アナタがもし赤面しやすいなら、アナタは隠し事が苦手なピュアな人であり、嘘で固められ、表情からは何を考えているのかわからない人よりも何倍も人間らしいと思います。

 

対人恐怖症は相手からどう思われているか自分自身が不安に思う症状です。

つまり相手からの実際の評価では無く自分自身の思い込みが関係しているという事です。

それならば相手を気にするのではなく、自分自身を見つめなおしましょう。

自分の良い所、悪い所はどこか、何が得意で何が苦手なのか考えてみましょう。

そしてそれを身近な人に話してみてください、話をする事で相手からの意見も加わり自分への確信がより強まります。

ちなみに話をする時は、その身近な人の良い所等の話も含めながら話せると良いですね。

 

いかがでしたでしょうか

今回のお話で私は人の症状は、悪いと思われている事でも考え方次第で良く捉える事が出来るのだと感じる事ができました。

今回のお話が少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

それではまた

kogetora

スポンサードリンク

 - 心理・健康, 精神・心の健康