健康な身体と豊かな心で幸せになる学習書 焦げた虎の巻

人生は一度きり、精一杯生きるには健康な身体と心が必要です。食事、睡眠、運動など、日常の当たり前から健康法を見つけていきましょう!

自分の顔が嫌い、外見に違和感を感じる症状・身体醜形障害とは

      2016/07/24

Pocket

どうもkogetoraです。

 

今日も先日からお話している人に対しての恐怖や緊張の話をしたいと思います。

以前の記事では「電話できない、でたくない症状・電話恐怖症とは」、「視線を感じる事が恐い症状・視線恐怖症とは」、「人と雑談するのが苦手、恐いと思う原因と対処法とは」「目をそらす、相手の目を見て話せない症状・正視恐怖症とは」、「顔が赤くなる症状・赤面症とは」というお話をしました。

 

上記のタイトルをご覧になってお気づきになる方もいるかもしれませんが、今までのお話は対人恐怖症(たいじんきょうふしょう)に関連している症状でした。

 

今日お話する身体醜形障害(しんたいしゅうけいしょうがい)という症状もその一例になり、現代の人達を苦しめている心の病と言っても過言ではありません。

鏡と外人

私自身もある症状に悩まされており、今でも生活の中で苦しみながら生きています。

だからと言って症状に悩んでいる人の気持がわかると言うつもりはありません。

他人に分かるはずは無いと思うからです。

只、私のお話が少しでも症状に苦しんでいる人のお役に立てれば幸いです。

 

また、症状は本人だけの問題ではなく、症状を知らないその他の人に理解してもらう事が大事だと私は考えています。

世の中には目には見えない症状がたくさんあり、身の回りの人が苦しんでいるかもしれないと知って頂ければ嬉しく思います。

 

スポンサードリンク

 

自分の身体への視線・相手の心を気にしてしまう対人恐怖症とは

まず人と接する事に恐怖や緊張を感じる事は、対人恐怖症(たいじんきょうふしょう)社会不安障害・SAD(しゃかいふあんしょうがい)等の心の病気だと言われています。

 

上記の2つは混同される事もありますが、実は違う症状であり、考え方、対処の仕方も異なります。

 

先日からの記事以降10回程に分けて症状別にお話しをして、最後にまとめ記事を作成しようと思います。

対人恐怖症とSADとの違いも最後のまとめまでご覧いただければわかって頂けると思います。

 

今回は対人恐怖症の中で身体醜形障害(しんたいしゅうけいしょうがい)の症状のについてお話していきたいと思います。

 

身体醜形障害(しんたいしゅうけいしょうがい)

顔を隠す女

身体醜形障害とは、自身の外見上の一部分、もしくは幾つかの部分が醜い(みにくい)のではないかと感じてしまう症状です。

この症状では「私の鼻はデカくて醜い」「私の足は太くて醜い」「私の目は……」「私の口は……」「私の……」など様々な部分で起こりえる症状です。

症状の中には男女の体型等も関わってくる為、男性では自分の身体には筋肉が無く鍛えなければと過度に筋力トレーニングをしてしまうケースもありますし、女性では女性らしいヒップを求めて過剰に大きくしてしまう事もあります。

外人筋肉

またこの症状はどちらかと言うと女性に多く、これは普段異性からだけで無く、同姓からも外見を指摘・評価される傾向があるからだと考えられます。

元々は症状が無い人でも突然症状が起こる場合もありますし、人からの言葉・指摘が引き金になる場合や、周りから聞こえてきた自分とは関係ない噂話から症状が起こることもあります。

 

そしてこの症状の恐い所は、醜いと感じる基準が無い事です。

症状が現れる方の中には人前に出るのも嫌になり引きこもってしまう方、整形手術を繰り返す方等がいます。

しかしその症状に悩む人の外見は、一般の人が見ても醜いとは感じない事が多いのです。

つまり実際は醜くないにも関わらず過剰に自身の外見を気にしてしまうという事です。

 

症状が現れる人の傾向としては自身の身体の状態が気になる為、普段から鏡等で今の状態を確認したくなる、もしくは逆に意識しなくて良いようにまったく自分を見なくなる人がいます。

只、人とすれ違った際などに自分の気にしている部分に目線がいくと途端に意識が戻り、隠す(服や帽子、ヒゲやカツラ)、変える(化粧や整形手術)等の行動に走りたくなります。

 

対人恐怖症の殆どに言えることなのですが、やはり自身の意識の問題が多く、人からは思い込みという言葉で片付けられてしまいます。

しかし本人はそんな簡単に片付けられる問題ではなく、自分の身体を意識して過剰に改善しようとする行為は周りからの視線・評価・トラウマ・コンプレックスを取り除く為にしている手段であり解決策だと信じて行っている事です。

間違った行為だとは思う暇もなく改善策を模索し続けます。

周りの事を考える余裕もなく行動している時ならまだ良いのですが、ふと我に返り全てを投げ出したいという衝動に駆られると自殺行動等にも繋がる危険性があるので注意が必要です。

 

スポンサードリンク

 

対処法

対人恐怖症等の治療法としては多くの場合原因の追求が難しく、現状では抗うつ剤や認知行動療法という心を落ち着かせる方法で解決しようと試みます。

まずは自分の主観的な考えを一旦落ち着かせ、客観的に話をしていきます。

この時にはやはり親身に話を聞いてくれる人がいる事が重要です。それは先生でも良いですし家族でも良いと思います。

只、出来るだけ本人の思考に偏らない考えが出来る相手が望ましいです。

自分は何故その行動をするのか、何故その考えに至ったのか、検証しながら自分の行動を見つめ直します。

301063

自分の短所を改め改善する」この行為自体はとても素晴らしい事であり、皆もしている事ですよね。

つまり自分を美しくしようとする行為自体を抑える必要はないんです。

あとは自分自身を知り、再確認し、何が必要なのか、どこまでする事が必要なのかを考える事が出来れば改善に繋がると考えられます。

 

いかがでしたでしょうか

実は私も普段から自分の外見は気になる傾向にあります。

洋服屋さんでも鏡があるとチェックしてしまいますし、服装や髪型はまわりの人からどう思われているのか気になります。

でもその周りの目を意識する事は悪いことでは無いと私は思います。

だからこそ良くなろうと努力しますし、雑誌やテレビ等から情報を得て自分を高めていこうという向上心が生まれるのだと思うからです。

 

それではまた

kogetora

 

スポンサードリンク

 - 心理・健康, 精神・心の健康