健康な身体と豊かな心で幸せになる学習書 焦げた虎の巻

人生は一度きり、精一杯生きるには健康な身体と心が必要です。食事、睡眠、運動など、日常の当たり前から健康法を見つけていきましょう!

飲み込む音が気になる、唾が飲み込めない症状・唾液恐怖症とは

      2016/07/24

Pocket

どうもkogetoraです。

 

今日も先日からの続き、対人恐怖症・SAD(社会不安障害)についてお話していきたいと思います。

以前の記事では

 

目をそらす、相手の目を見て話せない症状・正視恐怖症とは

顔が赤くなる症状・赤面症とは

自分の顔が嫌い、外見に違和感を感じる症状・身体醜形障害とは

上手く笑えない理由とは、表情が気になる症状・笑顔恐怖症とは」というお話をしました。

まだご覧になっていない方は是非参考にしてみてください。

 

今日は唾(つば)、唾液(だえき)の恐怖症についてお話していきたいと思います。

ツバの恐怖症って何?と思われる方は多いと思いますが、お話を聞いて頂くと恐らく、ご自身にも多少なり思い当たる事があるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

 

自分の唾を飲み込むが音が誰かを不快にしてしまうと感じる対人恐怖症とは

まず人と接する事に恐怖や緊張を感じる事は、対人恐怖症(たいじんきょうふしょう)社会不安障害・SAD(しゃかいふあんしょうがい)等の心の病気だと言われています。

上記の2つは混同される事もありますが、実は違う症状であり、考え方、対処の仕方も異なります。

 

先日からの記事以降10回程に分けて症状別にお話しをして、最後にまとめ記事を作成しようと思います。

対人恐怖症とSADとの違いも最後のまとめまでご覧いただければわかって頂けると思います。

 

唾(つば)・唾液(だえき)恐怖症

唾・唾液恐怖症とは、主に唾を飲み込む際に出るが気になり唾を飲み込めなくなる、その影響で人前に出る事自体が恐くなるという症状です。

また今回は唾液恐怖症とお伝えしていますが、関連したお話として食べ物飲み物を人前で飲み込む際の音が気になるという症状もあるようです。

言わない女

唾液でも食べ物でも同じことですが、そもそも何かを飲み込むという行為を嚥下(えんげ)と言い、簡単に言いますと口から入ったものが舌によって喉・咽頭(いんとう)へ送られ食道へ押し出される事を指します。

嚥下とは5段階程に区分わけされて考えられているのですが、主に舌から咽頭(いんとう)へ送り出された時、鼻腔(びくう)つまり鼻の奥の栓が塞がることで空気が入り込まないようになります。

その時には息を止めている状態のようになりますので、普段よりも少し身体の中の音・口の中の音が響いて聞こえてくると思います。

何かを飲み込む際に異様に大きく音が聞こえてしまうのはそういった要因も考えられます。

 

皆さんにも経験があるのではないでしょうか?

映画館

学校でのテスト勉強中や映画鑑賞中等、しーんとした静かな場所で自分の耳に聞こえてくる自身の嚥下(えんげ)の音、

静かなレストランで食事をしている時に飲み物を飲む音、イヤホン等で音楽を聴いている時に感じる嚥下の音等です。

音楽を聴く女性

こういった自身の飲み込む音が気になってしまい、人前では唾を飲み込めない、人前では食べれない、静かな所・人が集まる所には行きたくない、人前に出たくないという様になっていきます。

水を飲む女

症状が悪化してくると人が側にいるだけで唾が飲み込めないという症状が出る事もあり、普段の生活に大きく支障をきたします。

 

この症状自体の原因は様々考えられ、人から指摘された、人の飲み込む音が気になり自分の音も気になった、ふとした時に自分自身で気になり始めた等です。

人から言われた事は、相手に悪意が無くてもトラウマのように頭から離れなくなってしまうものですよね。

 

また、この症状の方で気をつけて欲しい事は、飲み込めないからと焦り無理に飲み込むと通常は食道(しょくどう)・のどに送られる物が気道に流れ気管に入ってしまう事があります。

この症状を誤嚥(ごえん)と言い、嚥下障害(えんげしょうがい)の一種となります。

横顔嚥下説明

嚥下、つまり物を飲み込むという行為は人が意識的にしている随意運動と反射(はんしゃ)によるものなんで成り立っています。

舌で喉に食べ物を送る行為、それに伴う鼻からの空気が入らないよう軟口蓋(なんこうがい)で蓋をする行為は随意運動、

喉頭蓋谷(こうとうがいこく)と言う喉の栓のような物に食べ物等が落ちると反射が起こり、気道へ行かないように道を塞ぎ食道への道を開けるようになっています。

 

スポンサードリンク

 

対処法

今までの症状の対処法でもお話している事ですが、対人恐怖症等の治療法としては多くの場合原因の追求が難しく、現状では抗うつ剤や認知行動療法という心を落ち着かせる方法で解決しようと試みます。

 

まずは自分の主観的な考えを一旦落ち着かせ、客観的に話をしていきます。

この時にはやはり親身に話を聞いてくれる人がいる事が重要です。それは先生でも良いですし家族でも良いと思います。

只、出来るだけ本人の思考に偏らない考えが出来る相手が望ましいです。

自分は何故その行動をするのか、何故その考えに至ったのか、検証しながら自分の行動を見つめ直します。

自分の短所を改め改善する」この行為自体はとても素晴らしい事であり、皆もしている事ですよね。

つまり飲み込むという行為自体を抑える必要はないですよね、食べ物を食べる、飲み込む行為は生きる上では必要な事です。

あとは自分自身を知り、再確認し、何が必要なのか、どこまで気にする事が必要なのかを考える事が出来れば改善に繋がると考えられます。

 

只、唾液恐怖症だと思っていたら嚥下障害であり、精神的な問題ではなく肉体的な病気の可能性も考えられますので、喉に違和感がある、飲み込む音は気にならないが唾が飲み込み難いという方は耳鼻咽喉科に相談してみてください。

 

いかがでしたでしょうか

 

今回はあまり知られていない恐怖症のお話をしました。

ただ思い返してみると皆さんにも思い当たるフシがあるのではないでしょうか。

神経症、心の病などと言われる物は特別な病気という訳ではなく、今までは何てことのなかった人に突然症状が現れる事があります。

私もその1人なのですが、改善していく道は諦めずに日々考えて対処していくしかないと思います。

 

私の場合は、この症状によって自分には考える力がついたと考えるようにしています。

自分に症状が現れなければ他の症状についても考えませんでしたし、良くなる為にはどうすれば良いのか、「こうしてみたらどうだろう、あれを試してみよう」等、頭をつかう機会が増えた気がします。

まぁやはり辛い想いをする事も多々ありますが、目の前の壁に立ち向かっているのは自分一人では無いと思いながら日々頑張っています。

話が個人的なものに反れてしまいましたが、今回のお話が少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

 

それではまた

kogetora

スポンサードリンク

 - 心理・健康, 精神・心の健康