健康な身体と豊かな心で幸せになる学習書 焦げた虎の巻

人生は一度きり、精一杯生きるには健康な身体と心が必要です。食事、睡眠、運動など、日常の当たり前から健康法を見つけていきましょう!

手の震えが緊張や人からの視線で起こる症状・書痙とは

      2016/07/24

Pocket

どうもkogetoraです。

 

さて、今日も先日から引き続き対人恐怖症・SAD(社会不安障害)についてお話していきたいと思います。

私が今お話しているのは実際に人と接する上での症状ですが、現代の情報化社会ではネットの中、SNSの中でも恐怖症のようなものが出来てしまうかもしれませんね。

只、人と接する事は昔も今も変わりませんので、根本の問題は同じかもしれませんね。

 

以前の記事は

電話できない、でたくない症状・電話恐怖症とは

上手く笑えない理由とは、表情が気になる症状・笑顔恐怖症とは

飲み込む音が気になる、唾が飲み込めない症状・唾液恐怖症とは

体臭を消したい、ニオイが気になる症状・自己臭恐怖症とは」というお話をしました。

まだご覧になっていない方は是非参考にしてみてください。

スポンサードリンク

 

緊張により手が震え文字が上手く書けない、手が上手く動かない対人恐怖症・SADとは

まず人と接する事に恐怖や緊張を感じる事は、対人恐怖症(たいじんきょうふしょう)社会不安障害・SAD(しゃかいふあんしょうがい)等の心の病気だと言われています。

 

上記の2つは混同される事もありますが、実は違う症状であり、考え方、対処の仕方も異なります。

先日からの記事以降10回程に分けて症状別にお話しをして、最後にまとめ記事を作成しようと思います。

対人恐怖症とSADとの違いも最後のまとめまでご覧いただければわかって頂けると思います。

 

また今回お話する書痙(しょけい)という症状は、対人恐怖症の面と、SAD(社会不安障害)の両面を持っています。

 

書痙(しょけい)・茶痙(ちゃけい)

まず書痙とは普段の生活では問題なく出来ている事(書痙の場合では主に文字を書くという動作を指します)が人前や緊張する場面に直面すると上手く手が動かなくなる、手が震えるという症状を言います。

この症状は普段から文字を書く人、手を動かす人に表れやすい症状のようで、この場合は精神的・心の病気としてでは無く、脳の異常や局所性ジストニア(きょくしょせいジストニア)と呼べれる筋肉の異常収縮が原因だと考えられています。

これはピアニストやスポーツ選手等の同じ動作を繰り返す際に、同じ動作の中で細かな変化をつける時等に意志とは関係なく収縮や緊張を生み出す事を指します。

これにより上手く指を動かせない、手が震える等の症状が現れます。

物を書く手

さて、今回は上記の脳に関する原因ではなく、精神的な原因のお話をしていきたいと思います。

まず1つ目は目の前に人がいる事、文字を書こうとしている時に見られている等の緊張が原因の場合。

2つ目は自分自身で「上手くやろう、上手く書こう」や「上手く出来るかな、上手く書けるかな」等の精神的プレッシャーを作り出す事が原因の場合とが考えられます。

 

始めに書痙とは対人恐怖症とSAD(社会不安障害)の両方の面があるとお話しましたが、上記のうち1つ目の原因は対人恐怖症、2つ目はSADの症状だと言えるかと思います。

 

1つ目は相手が目の前におり、その人に見られているから緊張する、誰かからの評価が気になる等、第三者の目を気にしています。

2つ目は、自分自身の考えの中で「自分は上手くやらなければならない、失敗しないだろうか」等追い込んでしまっています。

 

つまり、対人恐怖症とは誰かの目を気にするという周り中心の考えであり、SADとは自分の考えが中心の考えという事なんです。

 

書痙という文字からすると物を書く時だけに起こる症状のように思われますが、局所性ジストニアのように楽器を人前で演奏する時や舞台に立つ時等、身体の特定の部分の震えの事を指します。

また、社会に出て経験する問題として飲み会等でのお酌がありますが、お酒を注ぐ時や、注いでもらう時等の手の震えを茶痙(ちゃけい)と呼びます。

お酒を注ぐ

スポンサードリンク

 

対処法

まず脳の異常や局所性ジストニアの際の対処法としては、症状が現れる部分の筋肉をほぐすストレッチやリハビリ脳の神経伝達物質を調節したり精神的な不安を抑える薬物療法や抗うつ剤の処方ボツリヌス注射や外科的治療等が挙げられます。

書痙の場合は、原因の特定が困難であり、症状の解明も完全には出来ていないそうです。

その為、精神的なものとして上記の薬物療法や抗うつ剤の処方が一般的となっております。

しかし、今までの対人恐怖症の対処法でもお話した通り、私自身は薬での緩和は一時的なものであり治療では無いと考えております。

その為、投薬だけで完結するのでは無く、併せて様々な事を試していく必要があると私は考えます。

 

まず、人前に出て身体が震えるという症状事態は誰にでも起こる事だという事を知りましょう。

そして緊張による震えの原因として挙げられるのが、自律神経のバランスが崩れる事による過度の緊張、それによる筋肉の収縮・痙攣です。

緊張男子

自律神経とは、人が「活動している時・緊張・ストレス」等の時に働いている交感神経、休息・睡眠・リラックス」等の時に働く副交感神経の2つからなっています。

そしてこの2つのバランスにより人の身体と心の健康は保たれています

 

その2つのバランスを保つ為には、交感神経が働く「運動・勉強・仕事・活動的な遊び等」と副交感神経が働く「食事・睡眠・入浴等のリラックス」をバランスよく行う必要があります。

つまり休み過ぎで毎日をだらだら過ごしてもダメ、逆に仕事ばかりで休む暇もリラックスする時間も無く過ごしてもダメという事です。

しかしこれは誰もが考えている事ですよね、急に環境を変えることは難しいと思います。

そこで少しづつ出来る方法をいくつかご紹介していきます。

交感神経を働かせる場合

・どこでも良いので1箇所掃除をする(トイレ、お風呂、キッチン等の水回りは目に見えてキレイになりますので良いでしょう)

・熱いお風呂に入る(逆にぬるめのお湯だと副交感神経が刺激さます)

・知らない土地で迷う・・・これは人にもよるのですが、迷う事で頭を働かせ、さらに身体も動かします、そして適度なストレスも交感神経を刺激しますので、良い方法だと思います。

農村の風景

只、迷って帰れなくならないようにしましょうね。

副交感神経を働かせる方法

・好きな物を食べる・・・食べ過ぎには注意して下さい、食べ過ぎで胃もたれや腹痛を起こすとストレスがかかり交感神経が働きます

・ぬるめのお風呂に入る

・通勤時音楽を聴く・好きなラジオを聴く・面白い話を聴く・・・通勤時である必要は無いのですが、時間が無い人は空いた時間を利用しましょう。

・お笑いを観る・・・これも人によりますが、笑うことはリラックス効果が高く、副交感神経を刺激します。もしお笑いが嫌いなら可愛い動物の動画を観るのも良いでしょう。

音楽を聴く猫

上記でお話した自律神経のバランスを整えるという事は一例であり、心の余裕を持つためのトレーニングだと考えてください。

そもそも緊張する事事態は悪いことではありません。

適度な緊張は交感神経を刺激するため必要なことです。

問題なのは緊張の際の筋肉の収縮ですよね、この症状の予防として普段からのトレーニングが重要な役割になると思います。

書痙の症状が現れる人の多くは「緊張しないように、動揺しないように」や「失敗しないように、上手くやらないと」と考えがちです。

これでは心に余裕を持つことは難しく、過度の緊張になり自律神経のバランスは崩れてしまいますよね。

 

先程もお話しましたが、緊張することは良いことです。失敗する事も経験です。

まずは根本の考え方を変えていけると良いと思います。

 

その他の方法では、今までの対人恐怖症の対処法でもお話しました認知行動療法というものがあります。

 

認知行動療法とは、自分の主観的な考えを一旦落ち着かせ、客観的に自分自身を見つめ直すという事です。

この時には親身に話を聞いてくれる人や専門医の先生と行うと効果が出やすいです。

只、出来るだけ本人の思考に偏らない考えが出来る相手が望ましく、客観的に話が出来る環境を作りましょう。

 

今までの自分の行動で症状を感じる時は自分は何を考えているのか、「文字を書く」という事を考えているのか、「相手に嫌われないように綺麗に(上手く)文字を書く」と考えていたのか等、自分の行動や思考を検証していきます。

自分は何故その行動をするのか、何故その考えに至ったのか、検証しながら自分の行動を見つめ直します。

自分自身を知り、再確認し、何が必要なのか、どこまで気にする事が必要なのかを考える事が出来れば改善に繋がると考えられます。

 

いかがでしたでしょうか

今回は誰もが感じたことのある「緊張」が関係している話でした。

只、注意が必要なのが、症状が現れても書痙だと決めつけてしまうのは良くないかもしれません。

話の中でもお伝えしましたが、精神的な問題だけではなく、脳や身体自体に問題が起こっているという可能性も考えられます。

その為、症状を見直した時に人前に出た時に起こる等、ある特定の条件が無い時の震えが続く場合は医師に相談してみてください。

 

それではまた

kogetora

 

スポンサードリンク

 - 心理・健康, 精神・心の健康