健康な身体と豊かな心で幸せになる学習書 焦げた虎の巻

人生は一度きり、精一杯生きるには健康な身体と心が必要です。食事、睡眠、運動など、日常の当たり前から健康法を見つけていきましょう!

言葉が出ない、声が出せない、どもる症状・吃音症とは

      2016/07/24

Pocket

どうもkogetoraです。

 

今回も先日からお話している対人恐怖症やSAD(社会不安障害)関連のお話をしていきたいと思います。

ただ今日お話しする内容は上記のSADに関係はしているのですが、言語障害や脳の以上等が関係している可能性がある為、必ずしもSADという訳ではありません。

 

さて、今日お話する内容は言葉の発生、発音、声を出す等に関係している内容です。

実は私自身もこの症状が現れている1人であり、今も症状と闘いながら生きています。

症状の名称は吃音(きつおん)と言い、昔では「どもり」等と呼ばれていました。

この症状は本当に生き辛く、人と話す事が嫌になります。

自分自身でも解決策、治療方法等を模索する中で分かって来たことを含めながらお話出来たらと思っております。

声が出ない

以前の記事は

電話できない、でたくない症状・電話恐怖症とは

 

顔が赤くなる症状・赤面症とは

自分の顔が嫌い、外見に違和感を感じる症状・身体醜形障害とは

上手く笑えない理由とは、表情が気になる症状・笑顔恐怖症とは

飲み込む音が気になる、唾が飲み込めない症状・唾液恐怖症とは

体臭を消したい、ニオイが気になる症状・自己臭恐怖症とは

手の震えが緊張や人からの視線で起こる症状・書痙とは」というお話をしました。

まだご覧になっていない方は是非参考にしてみてください。

スポンサードリンク

 

言葉が出ない、声がでない、どもる、それにより人前に出たくなくなるSADとは

まず人と接する事に恐怖や緊張を感じる事は、対人恐怖症(たいじんきょうふしょう)社会不安障害・SAD(しゃかいふあんしょうがい)等の心の病気だと言われています。

上記の2つは混同される事もありますが、実は違う症状であり、考え方、対処の仕方も異なります。

 

先日からの記事以降10回程に分けて症状別にお話しをして、最後にまとめ記事を作成しようと思います。

対人恐怖症とSADとの違いも最後のまとめまでご覧いただければわかって頂けると思います。

 

また今回お話する吃音という症状は、SADの症状という訳ではなく、脳の異常や遺伝等が関係している可能性があります。

ではなぜ今回取り上げたかと言うと、吃音の症状が現れる人がその症状が原因でSADに陥りやすく、症状を悪化させる可能性があるからです。

 

吃音症(きつおんしょう)・吃音恐怖症

まず吃音症とはどのような物か説明していきます。

 

皆さんは「どもり」という言葉を聞いたことがありますか?

言葉を話す時に「お、お、お、おはようございます」や「あ、あ、あ、ありがとう」等、言葉の最初の声が連続して出てしまう症状です。

この症状を昔はどもりと読んでいたのですが、最近ではその他の症状と併せて吃音症(きつおんしょう)と呼ばれるようになりました。

 

吃音症の症状は大きく3つの症状に分けられます。

連発型・連声型

これは上記のどもりの症状ですね、「あ、あ、あ、あ、ありがとうご、ございます」のように言葉の中の単語を連続して発音してしまう症状です。

 

伸発型・伸声型

言葉の中の単語を伸ばす症状です。「あーーーーりがとう」や「ごーーーめんなさい」等です。

 

難発型・無声型

私の今の症状はこの難発型・無声型です。

症状としてはふとした時に言葉が出ない、言葉の一言目が出ない、最初の一言目しか出ない等の症状です。

「・・・・・・おはようございます」や「お・・・・・はようございます」等です。

緊張男子

私自身のお話からしますと、まずは連声型でした。

子供の頃、小学生の頃は親や周りの人からは早口だと言われていました

そしてその早口を治すために親からは「ゆっくり話しなさい」「話す前に一呼吸置いてから話しなさい」と言われていました。

しかしその時は話すスピードは変わらず、むしろ言葉を出す時に焦るようになり「そ、そ、そ、それ取って」や「は、は、は、早く行こう」等のようにどもるようになってしまいました。

 

親は然程気にしていなかったようで、私自身も当時はあまり気にしていませんでした。

そして年齢を重ねるうちに症状は変化していきました。

この先は後にお話しますね。

*吃音の症状は人口の約1%だと言われています。100人に1人ですね。そして原因は未だ解明されていません。

スポンサードリンク

考えられる原因

吃音の原因は未だ解明されていないと言われています。

吃音症の多くは2~5歳の子供の頃に発症し、成長とともに症状が緩和してくるケースが多いそうです。

しかし、稀に症状が悪化する場合や大人になってから症状が現れる事があります。

男女の比率では男性の方が多く女性に現れる確率は少ないようです、

原因は様々考えられており、1つの原因では無く様々な要因が重なっている可能性も考えられます。

それでは今考えられている原因を考えていきます。

 

1.遺伝

最近では吃音症の人がもつ遺伝子という物が発見されたとも言われており、吃音の症状がある方の約50%は子供へ症状が遺伝すると言われています。

 

2.脳による原因

私自身、脳に以上があるのではないか、と考えたことは多々ありました。

吃音者が言葉を話す時は、左脳ではなく右脳が活性する傾向があると言われています。

現在の脳の考え方では、左脳は主に言語中枢があり理論的に考えたり、計算や分析時に活性化すると言われています。

右脳は主に感覚的、直感や独創性、芸術、空間把握等の際に活性化します。

上記の理由から言葉を話す際には左脳が活性化するべき所、右脳が活性化している為、言語、言葉に影響しているという考えが1つあります。

またその他の脳の影響では、吃音の症状が記憶されており、その状況と今の状況を結びつけてしまい、癖のように脳が誤認識してしまうケース等があります。

 

3.ストレス

これは精神的な要因が大きいですね、周りの環境によるストレス、プレッシャーや緊張、大勢の人からの視線等が身体を緊張状態にし、筋肉を硬直させる事や心拍数の上昇等が原因だと考えられます。

その他には昔に言われた嫌味や心ない一言等からくる過去のトラウマが原因だと考えられています。

ストレス汗

4.横隔膜(おうかくまく)

横隔膜とは人が呼吸運動する際に働く筋肉の1つであり、一説にはこの横隔膜の衰えが吃音の原因だと考えられています。

海外の吃音改善スクール等では良く横隔膜のトレーニングが採用されているようで、実際これで緩和された事例もあるようです。

 

治療・対処法

私の話に戻らせて頂きますと、現在私の吃音症状は難発型であり、ある場面で言葉が出ない事があります。

「ある場面」とは必ずしも決まったシチュエーションではありません

電話で話している時、飲食店で注文する時、人に説明する時、人と話をする時……場面というのは考え方であって理由ではありません。

つまりこの時は必ずこうなるという事は無く、その症状が出たのがこの場面だったという事です。

この時点で私達吃音者は、吃音の場面と症状をリンクさせてしまっているのかもしれません。=2.の脳の原因に関係していますね。

 

要は吃音の原因が知りたい、治したいという考えから無理に理由付けを探しているのかもしれません。

現在私の症状は治っていません。

飲食店で注文する時に言葉に詰まったらメニューを指で指してお願いします。

ウェイトレス

電話で言葉に詰まったら話すべき言葉を違う言葉に変換して伝えています。

電話嫌男

変換して話すとは、「ご連絡致します」が言えない時は「お電話致します」に変えます。

ありがとうございます」が言えない時は「いつもありがとうございます」と言います。

私の症状では最初の単語が言えない事が多く、その言葉を変えると話せる事が多く、上記ではありがとうございますの「あ」をいつもありがとうございますの「い」に変えています。

 

只、私が一番辛いのが決まった専門用語を使わなければならない時です。

専門用語というのは普段から何度も使用される言葉であり、他の言葉で言い換えられる物であってもその言葉を使うことを強要されます。

そうなると一度詰まると出てこなくなり、「あーーー」や「えーーと」と誤魔化しながら言葉が出てくるのを待ちます。

それでも出なく、時間がかかり過ぎる時は「後ほどご連絡致します」や「メール対応」にする事があります。

吃音とは私生活でも困難な場面は多いですが、会社等ではより難しい問題が出てくる症状なのです。

 

ここまで私の私のお話を長々としてしましましたが、現在明確な解決策は無いと言われています。

これは私としてもとても残念なお話ですが、原因の特定が出来ていない事が理由として考えられています。

現在の対応策としては、薬物治療や呼吸法、発生練習やメンタルケア等、心療内科や耳鼻咽喉科、リハビリテーション、吃音専門病院等医師への相談が多いかと思います。

言語聴覚士のいる病院では言葉の発声方法やトレーニングが出来るでしょう、精神科の先生と話すことで緊張による吃音であれば緩和することが出来るかもしれません。

その他にはゆっくり話すだとか、吃音を隠さない、流れるように言葉を話す等が言われていますが、どれが自分自身に合うかはわかりません。

というよりかは、自分に合う治療法が存在するかどうかさえわかりません。

話す

これは嘘偽りない私の考えであり、私自身が実際の吃音者だから言える事だと思っています。

世の中には利益・金銭目当てで治療院やセミナーを開く人がいます。(中にはしっかりとした考えの方もおります)

人の弱みにつけ入るような人がいる事は悲しい事ですが、事実として知って頂きたくお話しました。

 

私が今回吃音をSADの話の中で取り上げた理由は、吃音自体の解決をお話する為ではなく、吃音によりSADになってしまう方、症状が悪化する方がいる為です。

SAD・社会不安障害とは、主に周りの人への意識と自分自身の不安な気持ちが大きくなり、上手く行動する事が出来なくなる症状を言います。

同じような意味として対人恐怖症が挙げられますが、対人恐怖症は周りからの評価や視線等、まわりの人への意識が強いのですが、SADの場合は自分自身の心、考えに強く影響します。

つまり「自分は上手く出来るだろうか」という不安、吃音では「この言葉が言えるだろうか」「この場面でこの単語が言えなかったらどうしよう」等の不安から、その他の行動までできなくなる症状です。

 

吃音者の方の中には人と話すこと自体が億劫になり引きこもる事や、それが原因で殆ど言葉が話せなくなる事があります。

これはSADの症状が出てしまい悪化した症例だと言えると思います。

確証はありませんが、今までの私自身の経験から、諦めて話さなくなると話せなくなります。

 

吃音は治りにくい症状かもしれません、毎日が辛いかもしれません、でもそれが私の人生だと考えるようになりました。

最終的には精神論かよ、と思われた方もいるかと思いますが、人が生きる上では考え方や思想、生き方は大切だと思います。

勿論、原因を探し続ける事も大事です。治るなら治したいです。

しかし現状それがないなら、その中で生きていく方法を探すしかありません。

分岐点

私は吃音は頭の回転を鍛えるトレーニングだと考えています。

私は吃音は言葉だけではなく人とコミュニケーションを取る方法を模索するトレーニングだと考えています。

私は吃音は自分自身を見つめ直す機会だと考えています。

 

今回は長々とまとまりの無いお話をしてしまい申し訳ございません。

もし吃音で悩まれている方がこのお話を読んでくださっていたら、私の言葉の1つだけでもあなたのお力になれたら幸いです。

それではまた

kogetora

 

スポンサードリンク

 - 心理・健康, 精神・心の健康