健康な身体と豊かな心で幸せになる学習書 焦げた虎の巻

人生は一度きり、精一杯生きるには健康な身体と心が必要です。食事、睡眠、運動など、日常の当たり前から健康法を見つけていきましょう!

犬の目からは幸せオーラが出ている事を知っていますか?

      2016/02/11

Pocket

felicità(フェリチィタ)

どうもkogetoraです!

今日は私が前から書きたかった犬が人に与える影響について書いていきます。

皆さんアニマルセラピーってご存知ですか?

動物とのふれあいによって心を落ち着かせストレスを取り除いたり、人のやる気を引き出したりする事を言います。

今回はそれにちなんで「犬の目の力」についてお話します。

スポンサードリンク

犬の目には隠された力があった!それは人を幸せにします

以前の時期で少し触れたのですが、私には現在2歳の犬を飼っています。

すぐ1

犬種はチワワとパピヨンのミックスで、名前を「スグ」と言います。

私が仕事から帰ってくると、いつも尻尾を振りながらお座りして私を見上げます、とても可愛い愛娘です(親バカ)

そんないつも私を癒やしてくれるスグちゃんですが、実は癒やしの効果は可愛いしぐさだけでは無く、スグの目からも出ていたのです。

犬の目を見つめることで起こる効果、癒やしの力「オキシトシン」

オキシトシンとは脳の下垂体後葉から分泌されるホルモンで、人の不安な気持ち等を取り除き、幸せな気持ちにさせる効果があります。

元々は出産時に子宮を収縮させたり、母乳の分泌を促す効果で知られいます。

オキシトシンの効果には「人への信頼が増し、相手に尽くしたいという気持ちにさせる効果」や「親密な関係を築こうとする効果」等がありますので、出産後すぐに自分の子供への愛情が湧き起こるのかもしれないですね。

さて、この他にも「ストレスの抑制」や「心に癒やしをもたらす」等の効果もあり、自閉症の治療薬としても研究されているこの物質、いったいどのような仕組みなのか。

 

オキシトシンを知るには心のバランスを整えるセロトニンを知ろう!

また良くわからない単語が出てきたと思いましたか?

きっと役に立つ情報ですので、どうかもう少しお付き合い下さい。

 

では、セロトニンとは人間の三大神経伝達物質の1つと言われており、心のバランスを整える作用がある脳の伝達物質です。

このセロトニンが減少・不足すると、人は暴力的になり精神疾患やうつ病を引き起こす可能性が出てきます。

また、セロトニンには蠕動(ぜんどう)運動を促し整腸作用もあるんです。

さてこの蠕動(ぜんどう)運動に聞き覚えがありませんか?

前回の「おからと便秘」のお話でも出てきましたよね!もし興味がある方はこちらからご覧いただけましたら幸いです。

 

話しを戻します。

セロトニンの心への効果にはドーパミンやノルアドレナリンを制御し、衝動的な行動、気分・感情の高まり、依存性の制御等を調整しています。

この事を知ると、人の「理性」という部分にも大きく関わってきますよね、人が動物と違うのは「理性が有るか無いか」だと言われていますので、とても重要な要素だとわかりますね。

そしてこの「セロトニン」の活動を助けている、活発にさせている物質が「オキシトシン」なのです!!

ここまで少し長かったですかね、前置きが長くてすみませんでした。

スポンサードリンク

人と犬とが見つめ合い、ふれ合うことで幸せ物質は増えていきます

麻布大学獣医学部の実験で証明された事が元となっているのですが、飼い主と飼い犬数十組中、アイコンタクトやスキンシップが多かった組からオキシトシンの濃度の上昇、つまりオキシトシンの分泌を促した事がわかったのです。

しかも私がこの話で注目した所は、人だけではなく飼い犬のオキシトシン濃度も上昇した事です。

つまり飼い主だけでは無く、飼い犬自身も癒やしや幸せを感じていたという事なんです!

私はこの話を聞いてとても嬉しかったです。

人からの愛情はやはり動物にも伝わっていたんだと実感できた気がしました。

すぐ3

そんな良い効果たくさんのオキシトシンですが、「でもウチには犬がいないからオキシトシンは作り出せないや~」と思われたアナタ!そんな事はございませんので安心して下さい!

勿論このオキシトシンは人と犬との間だけで生み出される物質ではございません。

ではどうすれば分泌を促すことが出来るのか。

犬がいない人は愛する人や家族を、そして友達と一緒に!

オキシトシンを分泌させる方法は触れ合いです。

手をつなぐ

それは恋人とのスキンシップでも良いです。家族との食事、会話等の団欒な時間、友人達との飲み会や旅行等、人と楽しく過ごす事で生成されます。

最近ではネットが普及し、実際に人と会うこと無くコミュニケーションをとる事が増えていますよね。そういった事は、普段生まれるはずのオキシトシンの出番を無くす事になっているんです。

でも人とのふれ合いって難しいですよね、どんなに仲の良い人にでも気を遣ってしまったりして中々上手く本心をさらけ出せなかったり。

家族との時間を急に持とうとしても遠く離れてしまっていたり。

そんな人の為にはどうすれば良いのか、それは犬を飼う!……すみません無理な人もいると思いますので、別の事を。

それは感情を素直に表に出す事です。

どうやって?と思われますよね。

実際にこれは人それぞれやり方が異なるかと思うのですが、私が感情を出すと考えた時に思いつた事をいくつか挙げますと、

映画・スポーツ・ドラマ・アニメ・漫画・ドキュメンタリーを見て感動する。

お笑いを見ておもいっきり笑う。

おもいっきり走る、蹴る、叩く。

カラオケに行って自分の感情に近い歌を思いっきり歌う。

叫ぶ。

等ですかね、上記の事でおわかりになった方も多いと思いますが、ストレス解消する時に良く出てくる事柄ですよね。

知らず知らずのうちに人はオキシトシンを出すよう行動しているのかもしれませんね!

 

しかし私のおすすめはやはり犬とのふれ合いです!

見つめ合った時のあの感覚、何か自分の心を見透かされているような、はたまた包み込まれているような。(親バカ?)

とにかく皆さんも、もし犬を飼っていたり、飼う機会に恵まれる時は目と目を合わせてみて下さい、きっと幸せな気持ちになりますよ。

 

それではまた

今回のあいさつ(もはや挨拶ではない)はイタリア語の幸せでした!

kogetora

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

 

 - ペット・健康, 心理・健康, 精神・心の健康