健康な身体と豊かな心で幸せになる学習書 焦げた虎の巻

人生は一度きり、精一杯生きるには健康な身体と心が必要です。食事、睡眠、運動など、日常の当たり前から健康法を見つけていきましょう!

お風呂でのめまいや吐き気は冬こそ注意です!

   

Pocket

อาบน้ำ (アヴナーン)

どうもkogetoraです!

スポンサードリンク

まだまだ冬の冷え込みが厳しいですよね。

こんな時は温かいお風呂に浸かりたくなるものです。

でも皆さんお気をつけ下さい!

お風呂あがりに立ちくらみや目眩(めまい)があったらしっかりとした対処が必要ですし、そうならない為の予防も重要です。

隠れた病気の危険性もあり、それが命に関わる事だったら大変です!

しっかりと知っておきましょう。

お風呂場上がりの目眩(めまい)や吐き気は要注意!そして入る前にも注意が必要!

お風呂に入る前から順を追って説明していきます。

温度の変化は血圧を急激に変化させる!「ヒートショック」に気をつけて!

聞いたことがある方が多いとは思いますが、冬の部屋の気温と脱衣所の気温、そしてお風呂の温度等、それぞれの温度の変化が原因で起こる症状です。

風呂1

年齢や体調等、人によっては死に至る危険性がありますので、是非知って対策をしましょう。

温度(気温)の変化はこうして起こる

冬の暖房の効いた部屋にいると少し汗ばむ事はありませんか?その後リビングよりも約10℃程気温の低い脱衣所へ、そしてお風呂に入ろうとすると以下のような現象が起こります。

タオル

①温かい部屋では皮膚などの細かい血管が広がる為、血圧が下がりやすくなります。そして暖房により汗をかくと体内の水分が失われ血液量が減り、血圧が下がります

②そこから寒い脱衣所へ行き服を脱ぐと、身体は熱を逃がさないようにと血圧を上昇させます

③その後、熱いお湯に浸かる事で交感神経が刺激され血管の収縮が良くなり血圧が更に上昇します

④そしてお風呂内の水圧により、体内の滞っている血流が改善され更に血圧が上昇します

⑤しかし、入浴中は①の時のように身体が温まる事で血管が拡張し血圧は下がります。この時は急に身体が温まる為、血圧も急激に下がります

⑥浴槽から出ることで身体への圧力(水圧)がなくなり血圧が更に下がります

そしてお風呂場が冷えている場合や、その後の脱衣所で再度身体が冷えるためそこでも血圧が上昇する等の変化が起こります。

このように、血圧が上がったり下がったり、時には急激に変化したりといった事が原因で起こる症状が「ヒートショック」です。

では次は実際に「ヒートショック」が起こると身体はどうなってしまうのか。

最悪の場合は死に至る、血圧、血管が関係する事には全て影響

血圧の急激な変化だけでも身体にはとても負担がかかります。

その為、血圧の上昇時には脳出血、高血圧の方に起こりやすい脳梗塞、心筋梗塞を併発する動脈硬化を引き起こす危険性があります。

心臓痛い

そして血圧の低下時には貧血による目眩(めまい)立ちくらみを引き起こし、お風呂場での転倒等を引き起こします。

転倒時に打ちどころが悪い場合はそのまま意識を失う事も考えられますので、貧血、目眩(めまい)を軽く見てはいけません。

 

またこの目眩(めまい)の原因は血圧の低下だけではないんです。

上記の説明で、お湯に浸かっている間は身体が温められ血管が広がるとお伝えしましたよね、

その後、湯船から急に立ち上がると身体の血液が重力の影響で下半身へ偏(かたよ)ってしまうんです。

すると脳へ行く筈の血液が上手く流れず、脳が貧血状態になり目眩(めまい)が起こり、目の前にモヤがかった様に暗くなったりします。これを「起立性低血圧」と言います。

めまい

また、血流不良により吐き気を伴う事もあり、立っていられなくなる程の場合もあります。温度の変化だけではなく、身体の中の血流にも注意が必要ですね。

では次はこのような症状にならない為にはどうすれば良いのか。

スポンサードリンク

温度の変化を緩やかに、身体の外だけはなく中からも!

原因を知ると対処方法は自ずと分かってきますよね。

まずは身体の外側の対策です。

・リビングと脱衣所の気温差を無くすよう、小型の暖房器具等で脱衣所を温めておく。

ストーブ

・お風呂場と浴槽内との温度差をなるべく無くすようにお風呂場に入る前にシャワーを湯船に掛け、湯気を起こして浴室内を温めておく。最近では暖房がついているご家庭もあると思いますので、是非活用していきましょう!

シャワー

・お湯の温度を熱くし過ぎないよう注意する。冬場はどうしても熱いお湯に入りたいものですが、なるべくは41℃~高くても43℃程にすると良いでしょう。

・温泉や銭湯等では当たり前にしている事ですが、湯船に浸かる前にはかけ湯(手足、肩にお湯をかける)をして身体を徐々に慣らしましょう。私の場合は先にシャワーを浴び、頭や身体を洗うようにしています。本当はお湯に浸かることで身体の汚れが浮き出すので入浴後に身体を洗うほうが良いのですが、冬場はこの方が良いと思います。

・お風呂場ではナマケモノになる!これはそのままゆっくり動くようにという事です。

では次は身体の内側の予防についてです。

・お風呂に入る前に白湯等を飲み、水分不足を防ぐ。これは最初に説明した水分不足による血圧の低下を防ぐためです。白湯なのは急激に体内を冷やさないためです。

・血圧を下げやすい飲酒は入浴直前には控える。夕食時に飲酒される方は夕食前に入浴されると良いですね。

お酒

では次はもし目眩(めまい)やたちくらみ、吐き気が起こってしまった場合の対処法です。

 

目眩(めまい)、吐き気、立ちくらみが起こってしまったら?

・急激な血圧の変化を落ち着かせる為、横になり安静にする。

・体温が上がりすぎてしまっている場合は、首、頭、脇、足等を冷やす。

水タオル

・体内の水分不足は血圧の低下でけではなく、脱水症状の危険も有るためスポーツドリンク等で水分補給をしっかりする。

 

上記の殆どは血圧の安定に直結しているわけはございません。急激な変化は身体に負担があると説明した通り、やはり緩やかに正常に戻してあげる必要があるからです。

そう考えると対処法ではなく、予防法を重視するべきだと私は思います。

若い方は目眩(めまい)やたちくらみで済む事が、ご高齢の方や生活習慣病の方、肥満の方等が「ヒートショック」を起こす場合、対処どうこうでは無く死に直結してしまう可能性があります。

軽い症状だとしても侮らず、しっかり予防していきましょうね。

 

いかがでしたでしょうか?

私も冬に長風呂をし過ぎたため、お風呂あがりに立ちくらみをおこし服も着れぬまま床に倒れてしまった事があります。

その時は寒いのに汗が出て、身体もうまく動かせず吐き気もありとても辛かったです。

この時は幸い家族がすぐに助けてくれたので良かったですが、これが1人の時にと考えたら恐怖を感じました。

皆さんもいつ自分にこのような症状が起きるかわかりませんので、どうか今回のお話を参考に気をつけて頂けたら幸いです。

 

それではまた

今回の一言はハマってしまったタイ語のお風呂でした!

kogetora

スポンサードリンク

 - 美容・健康