健康な身体と豊かな心で幸せになる学習書 焦げた虎の巻

人生は一度きり、精一杯生きるには健康な身体と心が必要です。食事、睡眠、運動など、日常の当たり前から健康法を見つけていきましょう!

花粉症は1月、2月から対策しましょう!

      2016/02/11


Polen pollen polline

どうもkogetoraです!すぎ2

前回は果物のアレルギーについてお話しましたね。

今回はその時にもすこし触れた花粉症についてお話します。

アレルギー繋がりですね、

花粉症は春になってから発症するというイメージがありますが、実は1月頃から飛散する種類もあるんです。

ですので早めの対策が必要ですね!今回は1,2月の花粉の種類と対策をお話していきたいと思います。

ちなみに前回の記事「いちごアレルギーについて」をまだご覧になっていない方は、こちらからご覧いただけましたら幸いです!

ではいきましょう!

スポンサードリンク

1月から対策を!寒い時期から起こる花粉症の種類とは?

ではまず1,2月の主な花粉症の原因・種類についてです。

主に3種類、地域での飛散時期も把握しよう!

下記がだいたいの開花時期を表にしたものです、まずはこちらをご覧ください。

 

1、22016-01-17_14h22_53月の主な花粉症原因はスギ、ハンノキ、ヒノキの3種類です。

スギやヒノキは良く聞きますがハンノキという種類をご存知ですか?

スギに負けず劣らず早い時期から飛散しますので、併せて知っておきましょうね。

では、簡単に1つずつご説明していきたいと思います。

スギ

早い所だと1月頃下旬頃から飛散し始めます。飛散量も1番多く、花粉症と言えばスギが有名ですよね。

最近では子供の発症例も増えてきており、花粉症から食物アレルギーを併発する危険性がありますので、飛び始めの今から外出時は注意していきたいですね。

ハンノキ

ハンノキも早い時期から開花しますのでスギとあわせて注意しましょう。

主に山岳地等の湿地帯に自生しており、河川や湖畔の周りに多いです。

ハンノキの花粉症の症状としては、くしゃみ鼻水の他に咳もでますので、その後に気管支の病気にならないよう気をつける必要があります。

ハンノキ喘息と呼ばれるものまであり、この時期に風邪でも無いのに咳が続くようなら医師に相談する事をおすすめします。

ヒノキ

ヒノキは花粉よりも高級木材としてのイメージが強いのではないでしょうか。

開花・飛散時期は他の2つに比べると少し遅いのですが、こちらも注意していきたいですね。

アレルゲン(タンパク質)の構造がスギと似ているため、スギ花粉症の方がヒノキの花粉に反応する事もあるそうです。

 

では次は予防、初期治療についてです。

スポンサードリンク

なってからよりなる前に!花粉症の方は今から対策を!

今年始めて花粉症になった人なら仕方ありませんが、もし去年花粉症を経験された方は飛散し始める1~2週間前から対策をする方が良いです。

それを初期治療と言い、事前に薬を服用し症状を緩和するという治療法です。

主に医師の診断後に抗ヒスタミン薬等を処方してもらいます。

薬にも新しいものや古いもの(第一世代や第二世代など)があり、ドラックストア等で販売されている物より効果が期待でき、症状の度合いで薬の強さを調節できる為、医師からの処方をおすすめいたします。

医師薬

ではその他の予防方法についてお話していきます。

基本は花粉をシャットアウト!落として払って遠ざけろ!

これは基本ですので、皆さん実践されているかとおもいますが、念のためいくつか方法をご紹介していきます。

屋内での対策

窓

・温かくなってきたからと窓の開けっ放しは禁物!出来るだけ窓は閉め侵入を防ぎましょう。

・気をつけていても外からは気がつかないうちに侵入されています、こまめに掃除をし花粉の飛散を防ぎましょう。この場合掃除機だけではなく拭き掃除が効果的です。

・外から帰宅した際は手洗いうがいをしましょう。その際に目を洗い過ぎないよう注意し、もし痒みや花粉が気になるのでしたら目薬を使用しましょう。

・シャワーやお風呂は夜のうちに入りましょう。身体に花粉がついたまま寝てしまうと発症のリスクは高まります。出来れば仕事から帰ってきたら食事より先にお風呂に入り、身体を洗うことをおすすめします。

・空気清浄機で部屋を清潔に!花粉だけではなく、ホコリやダニの死骸等のアレルギー物質もキレイにしてくれますので、是非とも活用したいですね。

・外が温かくなり、どうしても布団を干したくなるとは思いますが、干すとしても午前中で済ませ、取り込む際は良く叩き落としましょう。

屋外での対策

・まずは花粉の飛散情報をテレビ等でチェック!温かい日、湿度が低い日(乾燥している日)、前日が雨の日等は特に気をつけましょう。

・飛散量が多いのは午後1時以降が一般的です、午後の外出は出来るだけ避け、用事は午前中や夕方以降が良いでしょう。

・服装にも注意が必要です、上着は毛の長い素材は避け、革やエナメル素材等の方が良いです。また、マスクやゴーグルの着用はもちろんですが、髪の毛の中には花粉が入り込みやすく落ちづらい為帽子を被ることをおすすめします。

マスクメガネ

・面倒でも家に入る前にはブラシ等で花粉を払ってから入りましょう。襟や袖の折り返し等も気をつけましょう!

 

次は身体の内側からの予防法です。

身体の内側から跳ねのけろ!自律神経のバランスは全てに通ずる!

前回の果物のアレルギーの時にも触れましたが、アレルギー症状は体調が優れない時、不規則な生活の時、ストレスを感じている時などに起こりやすく、これは自律神経のバランスが崩れている事、免疫力の低下等が原因です。

ではどのような方法で改善していけば良いのか。

そもそも自律神経とは人が「活動している時・緊張・ストレス」等の時に働いている交感神経と「休息・睡眠・リラックス」等の時に働く副交感神経の2つからなっています。

そしてこの2つのバランスにより人の健康は保たれているのです。

ではそのバランスを保つ為には、交感神経が働く「運動・勉強・仕事・活動的な遊び等」と副交感神経が働く「食事・睡眠・入浴等のリラックス」をバランスよく行う必要があります。

つまり休み過ぎで毎日をだらだら過ごしてもダメ、逆に仕事ばかりで休む暇もリラックスする時間も無く過ごしてはイケナイという事です。

しかしこれは誰もが考えている事ですよね、急に環境を変えることは難しいと思います。

そこで少しづつ出来る方法をいくつかご紹介していきます。

交感神経を働かせる場合

・どこでも良いので1箇所掃除をする。

トイレ、お風呂、キッチン等の水回りは目に見えてキレイになりますので良いでしょう。

・熱いお風呂に入る。逆にぬるめのお湯だと副交感神経が刺激さます。

・知らない土地で迷う。

これは人にもよるのですが、迷う事で頭を働かせ、さらに身体も動かします、そして適度なストレスも交感神経を刺激しますので、良い方法だと思います。

街

只、迷って帰れなくならないようにしましょうね。

副交感神経を働かせる方法

・好きな物を食べる。

食べ過ぎには注意して下さい、食べ過ぎで胃もたれや腹痛を起こすとストレスがかかり交感神経が働きます。

・ぬるめのお風呂に入る。

・通勤時音楽を聴く・好きなラジオを聴く・面白い話を聴く。

通勤時である必要は無いのですが、時間が無い人は空いた時間を利用しましょう。

・お笑いを観る。

これも人によりますが、笑うことはリラックス効果が高く、副交感神経を刺激します。もしお笑いが嫌いなら可愛い動物の動画を観るのも良いでしょう。

笑う

 

方法はまだまだあると思いますが、あとは皆さん自身で自分が活動的になる方法、休息・リラックスできる方法を見つけていってください!

 

いかがでしたでしょうか?

花粉症は春になる症状だからまだ大丈夫!と思っていましたが、今から気をつけていかないとですね!

早くから自律神経を整え、初期治療をし、花粉を寄せ付けないように対策して、今年の花粉症を乗り切りましょう!!!

 

それではまた

今回の一言はスペイン語、英語、イタリア語の花粉でした!

kogetora

スポンサードリンク

 - 美容・健康, 食べ物・健康