健康な身体と豊かな心で幸せになる学習書 焦げた虎の巻

人生は一度きり、精一杯生きるには健康な身体と心が必要です。食事、睡眠、運動など、日常の当たり前から健康法を見つけていきましょう!

息を吸う時に背中が痛いのは骨の影響かもしれません!

      2016/02/11

Pocket

respiração(ヒィスピラッソ)

どうもkogetoraです!

普段生活していて、突然背中に痛みを感じることはありませんか?

人によっては軽い痛みの方もいれば、一瞬激痛が走る方もいると思います。

その原因はもしかしたらアナタの骨が原因かもしれません。

今回は骨が原因でおこる背中の痛みについてお話していきますので、もし心当たりの有る方は是非参考にしてみてください。

スポンサードリンク

呼吸時の痛みは骨が原因?頚椎?胸椎?

深呼吸や息を吸うだけでも背中に痛みが現れる時、下を向いた時に痛みが出る時、仰向けで眠る時に痛みが出る時など、背中の痛みはさまざまですよね。

この痛みの原因も実は様々考えられますが、今回は骨が原因で起こる背中の痛みをご紹介していきます。

もしアナタが今痛みを感じている場合、少しでもお役に立てたら幸いです。

それではまず考えられる症状をいくつかご説明します。

背中の痛み、骨が原因で考えられる症状と治療法

まずは下記の図で人間の背中の骨の名称をご確認ください。

人体略図首から肩にかけてを頚椎(けいつい)と言います。

頚椎(けいつい)からおヘソの辺りまでを胸椎(きょうつい)と言います。

そして胸椎(きょうつい)から仙骨(逆三角形の骨)までを腰椎(ようつい)と言います。

まずはこの名称を覚えてから説明を聞くとわかりやすいと思います。今回のお話では主に胸椎(きょうつい)が関係しています。

では1ずつご説明していきます。

肋間神経痛

症状

背骨を触る、押す等した際に痛みが発生する、また呼吸時、深呼吸時に瞬間的に痛みが発生する場合は肋間神経痛の可能性があります。

痛そう外人

特徴は瞬間的に痛み、場合によっては激痛が発生し時間が経つと痛みが収まります。その後、ある程度時間を置くと再度痛みが発生する事があります。

この時の痛みは背中の外側というよりは、肋骨に沿うように痛みが現れる場合が多いです。

原因

神経痛というだけあって肋骨のまわりの神経が関係しています。

肋骨の周りの神経が骨、筋肉などにより圧迫される事が原因と考えられています。

その圧迫の原因、痛みの発生の原因としては、胸椎椎間関節症という12個ある胸椎の骨の間にある椎間関節の炎症や、ストレスが原因とも言われており、その他には風邪、心臓病、腹膜炎、胸椎骨折も原因として挙げられる為、原因の特定が難しい症状の1つです。

ストレスや神経はレントゲンでは写らない為、MRIや血液検査、触診等専門医に判断を仰ぐ必要があります。

レントゲン

治療法

上記の症状原因により異なる為、ここでは断定が難しいのですが、もし筋肉の衰えや姿勢が原因の場合には、弱った部分の筋力トレーニングやストレッチ、場合によってはコルセット等を使った姿勢制御が有効です。

只、痛みが出ているのに無理に動かすことはやめましょう。痛くならない程度で行い日々の積み重ねで改善させるほうが良いと思います。

原因が骨折や病気の場合は、病気・怪我の完治が最優先です。治療と併せて漢方や鍼治療等を並行すると良いと言われていますが、その際にはかかっている医師に相談してからにしましょう。

そしてこの肋間神経痛胸椎椎間関節症の場合には、寝ながら骨を押され「ポキポキ」と音を鳴らすような整体では効果を出す事は難しく、逆に悪化させてしまう場合もありますので、しっかりと原因を確認するようにしましょう。

また行える医師は限られますがブロック注射なども効果的です。

スポンサードリンク

肋骨骨折

これは読んで字のごとく骨折が原因で痛みを感じることです。

症状

咳、くしゃみ、息を吸う、吐くした際に痛みを感じる。寝返りをした時、重いものを持ち上げようとした時に痛む等があります。

しかし軽度のヒビ等の場合にはレントゲンにも写りにくく、自覚症状が薄いと発見が遅れる可能性もあります。

原因

肋骨(ろっこつ)は内蔵を守る為の骨ですのである程度の強度を備えていますが、実は細く柔軟性がある反面、折れたりヒビが入ったりしやすいです。

また現代人のようにカルシウム不足等による骨粗しょう症が原因で骨がもろくなり、骨折しやすい環境にもなっています。

また、骨折には強い衝撃だけでは無く、押される等する圧迫でも折れてしまう為、自身では大した衝撃だと感じていなくても骨折している可能性があります。

他にはスポーツが原因の時があり、転倒、野球やゴルフのスイング等が原因の事もあります。

治療法

安静にします。

通常の手足のようなギプスは硬すぎるため、呼吸の妨げという観点から使用できないんです。

その為、サポーターは柔軟性のあるものを使用し、痛み止めや漢方薬等で対応します。

骨折の場合は内蔵への干渉が無いかを確認する事が必要です。

 

胸椎前方変位

症状

咳、くしゃみ、呼吸時の痛み。圧迫されるような痛み、仰向けで寝ている時に痛む事があります。

原因

上記の胸椎椎間関節症の時の説明でもお話しました通り、胸椎は主に12個の骨で形成されており、その形はS字にゆるくカーブしています。

その形から胸椎の一部が前方へ突出してしまうと痛み等の症状が現れます。

良い姿勢良く胸を張るようにしましょうと言われますが、背中を反らしおしりを突き出すように胸を張ることは良い姿勢とは言えないのです。

猫背も胸椎にとっては悪影響ですが、反らし過ぎも影響を及ぼします。

治療法

サポーター等による姿勢制御と合わせて矯正します。ストレッチや体操等も行われます。

 

また、上記の3つと合わせて覚えたい症状として胸椎椎間板ヘルニアがあります。

胸椎椎間板ヘルニア

この胸椎椎間板ヘルニアは、胸椎が関係しているのですが背中だけではなく下半身にも症状がでます。

症状

足がよくもつれる、転びやすくなった等や下半身のしびれが起こります。

背中への痛みも起こるのですが、軽度の場合や症状自体が出ない事もあります。

最初は下半身のしびれや麻痺症状ですが、症状の進行により膀胱や直腸障害が起こる可能性があります。その場合は残尿感を感じたり、排尿できない事があります。

原因

胸椎の変位により脊椎・神経を圧迫する事が原因と考えられます。

具体的な理由は様々考えられますが、事故や姿勢悪化、加齢などが考えられ、強いマッサージによって起こると言われる事もあります。

マッサージ背中

レントゲンでは見分けがつかないため、MRIや場合によりCT検査をする必要があります。

治療法

基本的には外科手術です。

進行性の症状の為、対処療法で誤魔化していっても最終的には手術をすることになると思います。

他には神経ブロック注射という方法もありますが、突出した骨を戻すのではなく局所麻酔ですので完治という事ではないと言えますし、実際行える医師の数も限られているのが現状です。

只、この胸椎椎間板ヘルニア自体が稀な症例の為そこまで心配する事は無いのですが、日々の生活の中でならないよう注意する必要はあると思います。

 

いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介した物は骨による背中の痛みについてでした。

骨が原因で神経等に干渉し痛みをお越していましたが、背中の痛みの原因としては内蔵が関わっている場合がありますので、自己判断だけで自己治療するのではなく、しっかりと医師に相談する事をおすすめします。

只、そうならない為の対処法や軽度の時の対処法として、日々姿勢を正す事、背筋、腹筋を鍛える事は良い方法だと思います。

頚椎(首)胸椎(胸や背中)や腰椎(腰)がS字になっているのは重力によってかかる負担を逃がすためです。

姿勢が悪く猫背やうつむきがクセになった首(携帯等が原因)等は正しいS字を描けなくなる原因を作ります。

このような事が長く続くと上記の症状が現れやすくなりますので、やはり治療よりは予防は大事です。正しい姿勢で過ごし、適度に運動をする事を心がけたいですね。

 

それではまた

今回の一言はポルトガル語の呼吸でした!

kogetora

スポンサードリンク

 - スポーツ・運動と健康, 美容・健康