健康な身体と豊かな心で幸せになる学習書 焦げた虎の巻

人生は一度きり、精一杯生きるには健康な身体と心が必要です。食事、睡眠、運動など、日常の当たり前から健康法を見つけていきましょう!

ペットを飼おうと思ったらまず何を考えるか

      2016/02/11


hallo! (ハロ)

kogetoraです。

 

今回はペット関連の話の続きをしていきたいと思います。

ペットを飼ってみたいけどまず何からすれば良いのかわからない人が多いと思います。  お金はどれくらい必要?家で飼えるの?お店で飼うの?などなど……考え出すとキリがないですよね。

今ではペットショップはデートコースの一部になってもいるそうで、衝動的に買ってしまう方もいるとかいないとか……。

しかし動物は勿論生き物ですから、そこはやはり家族が増えると思ってしっかりと心と環境の準備をして欲しい所です。

今回は私の実体験からお話していくので、ウチで飼っているチワワとパピヨンのMIX犬から、チワワ(超小型犬~小型犬)を飼う時について説明していきます。

スポンサードリンク

小型犬を飼う時は

小型犬の特徴は挙げだすとキリがないのですが、主に室内で飼うことが出来、またお出かけの際にも一緒に連れて行きやすいという所があります。

室内で飼うことが出来るということは、広い庭のあるお家で無くても良いと言う事ですね。賃貸住宅でもペット可住宅は増えており、足洗い場がついている所や、コンセントの位置が高い所にある家等があります。賃貸の中には小型犬のみや、ペットを飼う時は賃貸料がプラス何千円かかるといった所もありますので自分が飼いたい犬種がある場合はそこもチェックですね!

お出かけの話では、今ではアウトレット等お店の中でもペット可の所は増えていってますし、ペットと言っても家族の一員です。出来れば色々な所へ一緒に行きたいですよね!

 

さて、本当はここでチワワについてお話していきたいのですが、それはまたの機会にしてまずは小型犬を飼うときにかかる費用について考えていきたいと思います。(あくまで参考の金額として考えてください)

 

スポンサードリンク

飼う時にかかる主な費用

ワンちゃん代

・・・チワワの相場は約190,000円~300,000円

私が飼っているMIX犬は純血(血統書がついている犬)では無いため価格は安めでした。これは人それぞれの考え方ですが、コンクール等に出場したい!など考えている人はやはり血統を気にしても良いかもしれませんね。その場合はペットショップでは無く、コンクール出場経験のあるブリーダーさん等を探してみるのも良いかもしれません。※その場合は一般の価格相場より高くなる可能性があります。

 

生活・お世話道具一式

・・・約30,000円~

これはワンちゃんのおウチのサークルやおトイレや餌皿等の生活用品の事です。素材や大きさ等こだわらない場合はもう少し安く抑える事も出来ると思います。(細かな説明は次回していきます)

 

①畜件登録  ②狂犬病予防注射

①・・・約3,000円  ②・・・約3,000円~4,000円

これは市などに申請をするもので、生後90日以上の犬の飼い主の義務となっているものです。飼い始めてから90日経つ頃に狂犬病予防の注射を打つことになるのですが、その際の証明証を持って届け出をだすと鑑札という物を発行してもらいます。動物病院での予防注射の際に病院が申請をしてくれる事もありますので相談してみるのも良いかもしれませんよ!

これは飼い主の登録でもあるので、もし引っ越し等した場合は届け出る必要があるので注意ですよ!ドッグラン等でも着用義務がある事が多いですので無くさないようにしましょう!もしも失くしてしまった場合は市役所等で再度登録をし直し、費用を払えば再交付してもらえます。

※因みに狂犬病予防注射は毎年打つものですので、最初だけでは無く毎年の費用でもあります

 

混合ワクチン接種

・・・約10,000円~20,000円

これはあくまで任意なのですが、子犬のうちは病気にかかると命に関わる事もありますので出来れば検討してもらいたい事です。種類が幾つかあり3種や5種、8種等があります。ここで迷われる方も多いと思いますが、当然ワクチンを打つのは動物病院ですので、ネットや口コミよりも動物の事を良く知っている先生に種類の内容をしっかりと説明して頂き、自己判断で決めましょう!

 

ペット保険

・・・約2,000円~

これは病気になった時等の診察料やお薬代金の負担軽減の為のものです。ペットに保険なんてと思われるかもしれませんが、私はこれに救われた事も多々ありましたので侮れませんよ!有名な所ですとアニコム等がありますね、幼児期と成犬期で金額も変わってきますし、掛け率も5割負担と7割負担とが選べたりします。幼児期は何でも興味があって色々な物を口に入れてしまう事があり誤飲は命に関わります。そんな時にレントゲンや吸引等した場合は恐ろしい金額を請求される可能性が……何事も用心に越したことは無いです。

 

さて、本来ですと上記の他にも時期によってはフィラリア予防や健康診断等の費用も入れたい所なのですが、時期によっては必要ない物もあるので、次回の毎年かかる費用の説明の時にお話をしていきたいと思います。

 

どうでしたか??

思った程お金がかからないんだ!(^o^)丿と思った方もいれば、色々お金がかかるんだー (-_-)と思われた方もいますよね。

只これは初期の初期費用ですので、次回は毎年かかであろう費用の説明をしていきますのでそれもチェックしてみてくださいね!

 

今回の挨拶はアメリカのHelloを間違えた訳じゃないんですよ!アフリカーンス語のこんにちはでした!!!

それではまた!

Kogetora

 

次の記事  ペットを飼おうと思ったらまず何を考えるか②

スポンサードリンク

 - ペット・健康