健康な身体と豊かな心で幸せになる学習書 焦げた虎の巻

人生は一度きり、精一杯生きるには健康な身体と心が必要です。食事、睡眠、運動など、日常の当たり前から健康法を見つけていきましょう!

足の小指の爪が小さいのはいつから?病気?それとも遺伝?

      2016/02/11


Toenail、Unha(ウーニャ)、Unghia del piede(ウンギャデルピアーデ)

どうもkogetoraです!

今日は私も小さい時から気になっている、足の小指の爪についてお話していきます。

気づいたら小指の爪の外側が少し割れたままになっていて、削ったり切ったりしても同じように生えてくるんですよね。

また世間では私の症状と同じ方や、中には小さくなり過ぎてしまってなかなか元の大きさに戻らない人や、爪自体がなくなってしまった人もいるそうです。

女性ですとパンプスやサンダル等、足を出す機会が多いですからとても気になるところですよね。

足と爪

原因と改善策、予防法をまとめますので、是非参考にしてみてください。

それではいきましょう!

スポンサードリンク

足の小指の爪の変形や割れの原因と対策について

まず爪についてと爪の変形についてお話していきます。

そもそも爪とはどんなもの?

まず爪は骨では無いことを知っていますか?

硬いので骨だと思う方もいるかもしれないのですが、爪は髪の毛や皮膚と同じくタンパク質で出来ており、角質化ケラチンというタンパク質に変化したものなんです。

かかとが硬くなって角質を取るなんて言われていますが、あれが角質ですね!

カカトの角質は歩くことで足の裏に負担がかかる為、それらの負担から足を守るために硬くなるんだそうです。

見た目等から嫌われる角質ですが、実は身体の防衛本能だったんですね!

また足の爪は10日で約0.5mm~1mm伸びますが、指によって伸びる速さは異なり中指が一番早く小指が一番遅く、これは指の血行が関係しているそうです。

では爪の役割とは?

足の指1

まずは指先を保護する事ですよね。

また爪がある事で指に力が入ります。

足の爪が剥がれたことがある人はご存知だと思うのですが、爪がないと足に力が入らず上手く走れなくなるんです。

踏ん張りにも関わってくる為、体操ではジャンプや着地に影響しますし、サッカーや野球では踏み込む時の力の伝わりにも大きく影響します。

サッカー蹴る

野球選手、特に投手(ピッチャー)は手の爪の手入れに時間をかけ、保護するためにマニキュア等を使う人も多いです。

それほど爪というのは大事なものだと言う事ですね。

では次は足の爪の割れについての説明をしていきます。

スポンサードリンク

足の爪の割れについて、気づいたら割れてた?

足の指の爪、特に小指は割れやすいですよね。

しかも気づいたら割れてたり、ドアの角にぶつけてしまったりと何故か不幸な目に遭う小指爪さん。

そんな小指爪さんのわれの原因と対策について考えていきます。

良くある症状として副爪(ふくそう)という物があります。

これは小指の爪の外側に通常の爪とは別の細い爪が生えてくる症状です。

割れにも見えますし、爪が変形しているともいえます。

私の爪もこの症状なのですが、小指の平らな爪の隣に鬼のツノのようなものがたまに生えてきます。そして靴下を履く際には引っかかって嫌な思いをする事が多いです。

靴下

女性の場合はストッキング等にも引っかかるので気を付けて履かれている方が多いのではないでしょうか。

また靴やヒールを履き歩いている時には、歩く度に爪が当たって痛みがある場合や人によっては圧迫から出血する場合もあります。

副爪が悪化した場合は手術が必要になる場合がありますので注意が必要です。

ではこの迷惑な副爪の原因は何か

いくつかの原因が考えられ、まず1つ目は圧迫による変形割れです。

先の細いヒールやパンプス、スポーツのスパイクやトウシューズ等を長時間履き続ける事による小指の変形が爪の変形割れを生じさせます。

ヒール

まずは小指の形が通常の半円から三角に変わり、これにより爪の形も変わってしまいます。

変形時の靴の圧力によって端の方が割れ副爪になる場合があります。

2つ目は遺伝です。

実は爪も親からの遺伝の影響を受け、足の指の長さや形も父親と母親の形と似ている部分が多いはずです。

その為、親が副爪になっている場合は子供もなりやすい傾向にあります。

これはあくまで可能性ですので絶対ではないのですが、足の形状から爪が変形しやすいという事もあります。

3つ目は単純に外傷によるものです。

ぶつけて割れ、それを処置しないまま放おって置いた場合などに副爪になる場合がありますし、そのまま血行の悪い靴を履き続けると一番負荷がかかる小指の爪の成長が遅くなり爪が中々生えてこなくなります

爪が割れた場合の自分でできる処置方法としては、消毒後に出来る限りガーゼなどで固定する事です。この場合、割れた爪が剥がれた時に元の場所に戻したほうが良いとされる場合と、戻さないほうが良い場合があり、その判断は難しく肌との癒着でその後の爪の伸び方に影響します。

その為、もし大きく割れて剥がれた場合はひとまず元の場所に戻して上記の処置をし、すぐに病院へ行く事をおすすめします

「爪が割れたくらいで病院へは行かないよ、しかも何科に行けばいいかわからないし」と思われる方が多いと思いますが、最初に説明したとおり足の爪は生活する上でも大切なものです。

後々になって不便な思いをしない為にも、出来る限り受診することをおすすめします。

ちなみに受診する診療科は皮膚科で良いです、その他の病気の可能性もありますが概ね皮膚科で大丈夫です。

もし生活習慣病からくる爪の病気だと思われる時は、総合病院の皮膚科に行くと良いでしょう。その後の検査で他の科へ行きやすいですので。

総合病院

それでは次は変形についてです。

足の爪の変形について、変形にも種類がある

主な変形の症状では、陥入爪(かんにゅうつめ)巻爪(まきづめ)というものがあります。

陥入爪も巻爪も主には親指に出来やすい症状です。

陥入爪は爪の角が皮膚に食い込むように変形し、それに伴い痛み炎症を起こし、場合によっては出血する事があります。

歩行に影響が出る場合もあり、悪化すると膿がでて化膿し手術が必要になります。

巻爪と似ているのですが異なり、陥入爪が悪化し爪の生える方向が大きく変わると巻き爪になります。

原因は靴の圧迫と深爪です。

数回の深爪ではすぐにはこの症状にはならないのですが、深爪が習慣化し、短い爪が指先まで届かない状態で靴などの圧迫を受け続けることで次第に変化していきます。

爪は伸びてきたら切らないと不潔に思われる、または靴下やストッキングに穴を開けるから多めに切っておく等と思われる方が多いそうです。

その為最近はこの陥入爪予備軍の方が増えてきており、女性は特に気をつけたほうが良いのですが、女性は窮屈な靴が多い反面、ネイル等で爪の手入れをされているので予防にも繋がっているとも言えます。

爪手入れ2

ネイリストさんの中には爪のことを熟知している方が多く、もしアナタの爪の状態が悪い場合はアドバイスしてくれる事もあるかと思います。

見た目だけではなく、そういった事を気にしてくれるネイリストさんに出会えるといいですね!

と話を戻しますが、爪のケアはもちろん症状の予防にも繋がります。

次は上記の割れや変形が起きない予防法についてお話していきます。

足の指爪の割れ・変形の予防法とは

まずは栄養補給から

爪の栄養が足りていない事から爪が弱くなり変形や割れを引き起こす事があります。

では必要な栄養とは?

タンパク質

これは主成分ですよね、動物性タンパク質はお肉や魚でもとれますので鶏肉やマグロ等、また髪などにも良いイソフラボンを含む大豆食品で植物性タンパク質をとるのも良いでしょう。

吸収率は動物性タンパク質の方が良いので即効性は肉や魚等ヘルシーに長期的に摂取するなら植物性と分けて考えても良いと思います。

亜鉛

亜鉛は何度も紹介している便利栄養素ですよね!

新陳代謝に関係する為、新しい皮膚や爪の生成に役立ちます。

牡蠣やはまぐり等の貝類やうなぎ等が良いです。

ビタミン類

ビタミンCやB2、B6などが良いとされ、タンパク質の合成等にも効果があります。

ブロッコリーやいちご、大豆等良いでしょう。

続いては

普段から気をつけること

①靴のサイズを気にする事

パンプス1

これはそのままですが、基本靴のサイズはカカトからつま先の長さまでで測りますよね?

でも足の幅や足の厚みは皆違いますよね。

という事はサイズだけで選んではイケナイという事ですね。

靴選びの際には幅も自分の足にあっているかを気にする必要があり、試着をしたら少し歩きまわったり出来れば左右に体重移動させ指が靴に当たったり、窮屈過ぎじゃないか確認出来ると良いです。

少し恥ずかしいので気付かれないようにしたいですが大切な事です!

②靴をゆるく履かない事

これは多くの方が出来ていないことですが、キツくなければ良いという事でも無いんです。

実はゆるいと靴の中で足が揺れて指と靴とがぶつかり合ってしまうんです。

この影響で割れや変形が起こりますので、自分に合う靴が見つかったら履く度にヒモを結び直す等して足にフィットさせましょう!

③足を休ませる事

これもそのままですが、窮屈なヒールを履いた後は家では靴下など履かずにリラックスさせましょう。

窮屈な靴を履いている時には指の血行、特に小指の血行が悪くなっていますのでトゥセパレーター(足の指と指の間にいれるスポンジのような物)やマッサージ等で血行を良くしましょう。

足指セパ

マッサージは爪の根元の白い部分を押すのも良いです、そこから栄養が行き渡るので強すぎない力で押してあげましょう。

足マッサージ

④爪を切り過ぎない事と切り方を気にする事

爪は指の形状に合わせて丸く切る方が多いと思いますが、それは良くないです。

切り方は基本四角に切る事を心がけましょう、そして角はヤスリで整えればOKです。

海外ではヤスリのみで整える事も多く、面倒でなければその方が爪の根元への負担は少なく済ますのでおすすめです。

そして深爪は厳禁です!

⑤爪のお手入れをする事

これは賛否両論あるのですが、ネイルする際には爪の根元の白い部分(甘皮)を取り除きますよね。

ネイルの場合はジェル等のネイル素材が皮脂等には吸着しない為予め取り除くのですが、実はこの甘皮が爪への水分や栄養等の吸収を妨げていると言われているんです。

只、甘皮は爪や指への細菌の侵入を防いでもいる為、取り除けば良いという訳でも無いです。

ここはしっかりと知っておいて下さい

取り除く場合は削りすぎて根本を傷つけない程度、血が出るなどはやり過ぎです。

深く取り除くことはネイル等では起こり得ますが、健康面からはあまりおすすめしません。

 

以上が予防法でした。

栄養をしっかり摂って血行を良くし、自分に合った靴を履けばバッチリですね!

いかがでしたでしょうか

症状が悪化した場合には手術が必要になる事が多い爪の症状だけに、しっかりと知って予防していきたいです。

 

それではまた

今回の一言は英語とポルトガル語とイタリア語の足の爪でした!

kogetora

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 - 美容・健康